anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【花組】「CASANOVA」(宝塚)感想6 機会があれば観て!個人的に応援したい若手男役さん(泉まいら、愛乃一真、希波らいと)

花組の若手男役さんはいいぞ

明日は新人公演ですね!
…ということは、もう半分くらいまで公演が終わっているということ。

花組に限った話ではありませんが、公演が始まると終わるまでがめちゃくちゃ早く感じますね。
絶え間なく公演が行われている分、さらにそう感じてしまいます。

何度か「CASANOVA」をこれまで観劇していますが、贔屓である明日海りおさんはもちろん観るのですけれども、やはり若手の組子さんを観てしまいます。

というのも、映像として残る可能性はやっぱりトップさんにはかなわないからです…。
特に今回の作品は1場面で演者が舞台上にたくさんいることが多いので本当に目が足りない!

というわけで、今回は個人的に応援している若手男役さんについて書こうかなと思います。
メインキャストの感想も書いてないのに!

>>これまでのCASANOVAの関連記事まとめこちらから
>>花組の公演感想まとめこちらから

 

泉まいらさん(100期)

まいらくん!!
舞浜で行われた「Delight Holiday」で知った!という方も多いのではないでしょうか。

クールな目元(めっちゃ美人!)でありながらも笑顔は子供のようにくしゃっとした感じでなんとも愛嬌があるんです。

しかし何より個人的に大好きなのは!少々高めの甘さもある歌声は、今回の公演でも遺憾なく発揮されていますよね。

そんなまいらくんは様々なシーンでポイントポイントとして出演しています。

1幕であれば、まいこつ(紅羽真希さん)演じる看守ロレンツォの部下を、はなこちゃん(一之瀬航季さん)と共に演じています。

最終的にはカルボナーラに負けて縛られてしまうわけですが、その際左側に居るのがまいらくんです。

また、カーニバルの場面では歌い手をつとめます。
オレンジ色の衣裳をまとい、中心となるのは舞月なぎささん、左側の青い衣裳をまとう龍季澪さんと共に、淡い紫色の衣裳で歌い手として出てきています。

ソロの時間こそ少ないですが、歌を聴かせてもらえるのは本当にありがたい!

 

もちろん他の場面にも出てきています。
1幕の本当に最初は官憲役で上手側に出ていますし、ベアトリーチェが総督と最初に会うシーンで上手側で貴族役としていたはずですし、カジノでも上手側のカウンター付近にいます。とりあえず上手側にいます

新人公演はMESSIAHに続き、瀬戸かずやさんのお役、コンスタンティーノを演じます。
私の中でちょっと目元が似ているので、ビジュアル的にも近くなるかも…?と勝手に予想中です。

 

愛乃一真さん(101期)

まのくんー!可愛い!

前回の本公演「MESSIAH / BEAUTIFUL GARDEN」ではSummer Timeのシーンで最初の歌い手だったので(亜蓮くんの代役)、「そう言われれば…」と思い出せる方もいるかと思います。

私が彼女をがっちりロックオンしたのは博多座の「あかねさす紫の花」で大友皇子を演じた時です。
出番の時間こそ少ないながら、カエルかなにかを捕まえておばあさまに見せる様子などとても愛らしく、声も非常に通ってキレイだなと感じたのでそこから注目しまくっています。

 

今回はカサノヴァのお父上(義理ですけど)のブラガディーノ卿の執事、ルイージを演じています。

こちらも出番自体は多くないものの、パラリス神と交信する話の時に主人と某SF映画のように指をくっつけたりするなど細かいところがニクいですね!

カサノヴァが去った後主人を励ますときの声色など、二人の信頼関係が強く感じられます…お芝居心もある方だと思います。

その出番以外はカジノの一員だったり(やや上手中央付近)とあまり派手な場所にいない印象ではありますがフィナーレのロケットでは最初中央にいたり、男役群舞でも上手側でキレッキレだったりとダンサーさんでもあります。

 

今回の新人公演でバルビ神父役に決まっています。
マイティー(水美舞斗さん)とはタイプが全く違う彼女ではありますが、実力はしっかりある方だと思うので、どのように演じるか期待しています!

 

希波らいとさん(103期)

今回応援している若手男役さんの中で今一番話題になっているのが、らいとくんではないでしょうか。

なんといっても今度柚香光さん主演で公演される「花より男子」のF4の一人に選ばれているからです。

その前に「BEAUTIFUL GARDEN」でも花美男子に選ばれていますし、いわゆる路線なんでしょうね。

私が知ったのは…いつだったか…博多座公演では既に姿を探していたので…その前くらいから知ってたと思います。ポーのロケットとかだったのかな…(BGで「めっちゃ抜擢されてる!」って思いましたし)。

 

まあそれはさておき、らいとくんの魅力はやっぱりあの姿でしょう。
背が高い!ノーブルな顔!探しやすいというのも個人的に嬉しいポイントです…。
Delight Holiday」にも出演していたので近くで拝見できましたが、まだまだ若くて元気いっぱいな感じで可愛いですね。
歌は…多少苦手そうな感じがいたしますが!

 

主な出演シーンは、1幕のベアトリーチェがベネツィアに着いた時のシーン。
右手で建物のセットに手をつき、一番下手側でこちらに背を向けてポーズを取っています。
カジノにももちろんいます。基本下手側にいるのですが、前髪を長くしていて可愛いです。BGのプロローグのりおちゃんのような感じです。

1幕ラスト付近、仮面舞踏会しよ!とコンデュルメル閣下が歌っているとき(そんな歌はない)、上手側花道から仮面をつけた白い衣裳の紳士淑女が来ますが、そこで唯一鎖で繋がれて?いる紳士を演じているのもらいとくんです。

他の女に色目を使ったので、鎖を操る春妃うららちゃんに引っ張られてます。このシーンめっちゃ好きです

2幕ではモーツァルトが復活した後、モップで床掃除をしています。
華雅りりかちゃんにここらへんもふいといて!みたいな感じで指示を受けてイヤそうな顔でモップをかけているのが可愛いですよ~!

 

新人公演ではモーツァルトを演じます。
結構身体を張っていくイメージの役なので、どこまで体当たり出来るか期待しています…!!

 

他にも色々紹介したい若手さんはいるのですが、とりあえず今回はここまで!
また思ったより長くなってしまいました…。

 

■PR■