anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【スカステ感想】とりあえず南に行きたいのはわかった「Senhor CRUZEIRO!」の今更感想

「Senhor CRUZEIRO!」感想

スカステで「これ観たかったやつ!」と録画しても録画したままで全然観ていないこと…ありませんか?私はしょっちゅうです

 

そんな中、やっとこ!もう1年前くらいになっちゃう!というレベルなんですけれども、マイティ(水美舞斗さん)主演の「Senhor CRUZEIRO!」の千秋楽公演をやっとこ!やっとこみましたので、その感想をざっくりと書いてみたいなと思います。

 

いやはや、当時公演をご覧になった方々が絶賛されていて、めっちゃ期待大だったのですが(ならはよ見ろって話なんですけどね)、自分の中ではちょっと驚きというかお笑い的な要素を見つけてしまいまして…多少困惑しております。

>>花組公演「CASANOVA」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから

 

1幕の感想

1幕はお芝居仕立てのショーです。

ブラジルの人気 グループ、セニョールクルゼイロのリーダーであるクルゼイロ(水美舞斗さん)。

しかし実は心臓に重い病気を患っており、このまま活動を続けていると命が危うくなってしまいます。

 

グループのみんなにはそれを黙っていて、夜な夜な有名クラブのコパカパーナに通いその時を楽しんでいるクルゼイロでしたが、故郷に置いてきた恋人ビアンカ(城妃美伶さん)のことを思い出したり、グループのみんなにビッグ担って欲しいという夢があったり…。

 

倒れる回数?頻度?も増えてきたためかグループを抜けることを決めたクルゼイロ。仲間のみんなは「これまでやってこれたのはお前のおかげだから辞めないでくれ!」と引き止めますが、クルゼイロは「俺がいなくてもお前らならやれる!」みたいな感じでスターダムを去ってしまいます。

 

その後、南へ向かいアルゼンチンにたどり着き。アルゼンチンタンゴの名手である女性バルバラ(舞空瞳さん)とパートナーを組み踊ってたりしたんですが…

 

当然病状が快復しているわけでもなく、命が尽きる寸前にラジオで、セニョールクルゼイロがグラミー賞を獲得したことを知る…

というストーリー…だと解釈しました。

 

なんでそんなに南にこだわるのか…

この1幕ではとりあえず「南十字星」やら「南」がいっぱいでてきます。

まあこれは、主演であるマイティの「みなみ」にかけているのはめっちゃわかるんですけど…正直「なんでそんなに南(南十字星)にこだわってるの!?」という驚きが残ってしまいます。

 

クルゼイロもしきりに「南にいかなければ…」と言っていて、もうこの人南極着くまでそれ言い続けるんかな?と思ってしまうレベル。

そして結局最後についたのがアルゼンチン。まあ確かにブラジルから南だけどさあ!!

 

地元に置いてきたビアンカも結局ちょろっとしか出てこなかったし…。

 

あくまでお芝居仕立てのショーなのでストーリー性としては薄いもの、として観ても問題ないのだと思いますが…正直「話うっすいな…」という印象になってしまいました。

絶賛されてたから余計にね。

 

いいなと思ったところもあるよ

と、個人的には(構成が)ガッカリな1幕だったのですが、いいなと思ったところももちろんあります。

 

一番印象に残ったのは、ひっとん(舞空瞳さん)とタンゴを踊るシーン。

ひっとん好きなのもありますが、やっぱり彼女のオーラがすごくて。ダンスが得意な彼女をして「タンゴの名手という設定なのでお稽古が大変だった」と言わしめたあのシーンでしたが、二人共とても格好よかったです。

 

また、フロールプレータを演じたあかりさん(白姫あかりさん)と、ルナブランカを演じたりりかちゃん(華雅りりかさん)も素敵でした。

いわゆるロミジュリの「愛と死」みたいな存在の二人でしたが…あかりさんは本当に足が長くてキレイだし、りりかちゃんは白がめちゃくちゃ似合う。可愛いです。

 

セニョールクルゼイロのメンバーもみんな可愛くてよかったです。

特に翼杏寿くん、お歌も声が伸びやかでお上手なんだな~と知りました! お顔も華やかなのですぐに見つけられますし…得ですね!

 

2幕の感想

2幕はラテンショー!

これぞ!といったラテンのお衣装をきたメンバーが出てくるのはテンションが上がりますね。

2幕は本当に楽しくて、1幕がアレでも2幕が面白いなら最終的な評価はよくなる、みたいなパターンかな…と邪推をしてしまうレベルでした。

 

若手の活躍が嬉しい!

驚いたのは、若草萌香ちゃんがメインのシーンがあったこと!

これは個人的にめっちゃ嬉しかったです。彼女も実力者さんなので、本公演でもどんどん出番をあげてほしいな~と思っています。

 

声がとってもキレイな咲乃深音ちゃんがメインで歌うシーンもあったり…ありがたいありがたい…。

 

個人的に応援している娘役さんのひとり、いとちゃん(糸月雪羽さん)もちゃんと出番があって嬉しいです。いとちゃん可愛いしなんでもできるから…!!

 

マイティはシンプルに力強さがすごい

マイティは主演だけあって様々なシーンに登場しますし、運動量も人一倍なのですが…それを感じさせない強さがすごいなと思います。

 

特に刀を持って踊る場面はとっても格好良かったです。

確か素敵すぎて当時公演を観に行っていなかったのに舞台写真だけかったレベルです。

 

華やかさもありますし、ダンスだけでなく歌もお芝居もできる子なので…もっと主演をさせてあげて!とつい思ってしまいますね。

せめて東上を1回はしてほしいです…。

 

演目はなんだろう?なんだろう…個人的にはマイティ自身のターニングポイントにもなった「カナリア」をやってほしいなーなんて思っています。

今のマイティならできるんじゃないかなと…あの優しい悪魔さん。