anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【花組】「CASANOVA(宝塚)」超今更キャスト別感想:3(瀬戸かずや・花野じゅりあ)

CASANOVAキャスト別感想(瀬戸かずや・花野じゅりあ)

地上波の宝塚番組と言えば「カフェブレイク」。

関西では数週間遅れで放送されるのですが、昨日の放送がちょうど特別編で、久々に動いている花組生を観ました…東京公演を観に行けない者からすると、どうしても大劇場公演が終わると「終わった」感じがしてしまうので、ちょっと観られるだけでも嬉しいです。

東京では皆さんの演技がさらにメリハリのあるものになって、笑いどころがわかりやすくなっているそうで…千秋楽のLVが楽しみです!

というわけで、もう東京公演も千秋楽近い中、未だに宝塚の思い出を引っ張り出しながら感想を書くのでした…。

>>花組公演「CASANOVA」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから

瀬戸かずやさん(コンスタンティーノ役)

1幕では「地位が欲しい」ためにコンデュルメルにいいように手のひらの上で踊らされる、ちょっと残念な人…といった感じで、そこまで強く印象に残るキャラクターではありません。

が、2幕ではそれを払拭するように大活躍(!?)を見せ、ある意味このお話で一番幸せな人と言っても過言ではない、オイシイ役だなあと思っております。

 

イケメンがやるから意味がある!

しかしこのお役は、イケメンなあきらさん(瀬戸かずやさん)がやるからこそ意味がある!と思っています。

というのも、イケメンではなかったら「ただの残念な人」で1幕の印象が終わってしまいますし、多分これまで数々のイケメンとお付き合いしてきたであろうゾルチ夫人が彼と恋仲になる説得力がないからです。

だって、立っているだけで絵になるじゃないですか…あきらさん。

2幕の舞踏会に合わせたきらびやかな服装もとっても素敵です。

 

なんとなくMelodiaの金ピカを思い出したのは内緒です。

 

人の良さもあって、憎めない印象なのも○

コンスタンティーノはイケメンというだけではなく、人柄の良さも魅力だと思います。

どこか抜けてそうだけど憎めない」というのはどうしても人からの情を引いてしまうものでして、自分を捕まえたにもかかわらずベネラに対して「子猫ちゃん」と言うなど、人柄の良さが伺えます。

自身が海難事故で命を落としそうになった思い出話をする時は「蘭陵王の経験が役立った」と仰っていましたが、確かにあそこは思い出した。あきこを

 

仮面舞踏会の時に、ベアトリーチェに「将来夫になるのであれば仮面を着けていても私を見つけられるはず」とゲームを提案されてそれに素直に乗ったり、見つけた時に「あっ!」と思わず大声を出してしまうところも憎めない。

あ、でも惚れ薬を水に入れようとしてましたね。悪いやつやん!!!

 

安定した実力で安心して観られる方

どちらかと言うとあきらさんよりもコンスタンティーノの感想になってしまいました…が、あきらさんはさすがの安定した実力があって、安心して観られます。

コンデュルメルと歌う「秩序のもとに」は素敵な低音ボイスで聴かせていただきました。

 

花野じゅりあさん(ゾルチ夫人役)

コンデュルメルが元彼であり、カサノヴァが今彼…から元彼になり、今彼はコンスタンティーノという、花組のイケメンを次々と虜にしていったゾルチ夫人。

しかしそれに説得力があるのは、ひとえにじゅりあさんの美貌と品がそこにあるからだと思います。

今回で退団というのは非常に寂しいですが、最後まで魅力溢れる舞台を見せてくださいました。

 

とりあえずキレイ

もう何をとっても、とりあえずキレイ。

美しいものが好きというコンデュルメル夫人の言い分、わかる~!!といいたいくらい。

出番こそそう多くはないものの、印象的なシーンにいることが多いためそれを感じさせません。

1幕ではキリっとした感じの美人でしたが、2幕でコンスタンティーノと出会い、心がほぐれて少し少女のような顔を見せるところも愛らしくてとっても素敵だと思います。

コンスタンティーノもそういうところに惚れたのかもしれませんね。

 

数少ないコンデュルメル夫妻両方と会っている役

ゾルチ夫人とコンスタンティーノは、数少ないコンデュルメル夫妻どちらとも同じシーンに登場するキャラクターです。

まあコンスタンティーノについてはもともとコンデュルメルを手を組むキャラでしたし、ゾルチ夫人は彼の元愛人ということなので当然なのですが。

 

あっちの夫妻がどんどこややこしくなっていく反面、コンスタンティーノとゾルチ夫人は簡単に…といっては失礼かもしれませんが仲を深めていきます。

対照的に描かれるこの2組、片方がいるからこそもう片方が映えるといいますか。

コンデュルメル夫妻のような重いカップルがいるからこそ、こっちのカップルのノーテンキな感じが映えていいんですよね。

 

娘役のこだわりが本当に素晴らしい

じゅりあさんは別に娘役さんのこだわりがすごい!という記事を書いたのですが… 

本当に髪型やらアクセサリーやらのセレクトが格好良くて素晴らしいんです。

ライブビューイングではあまり映らないかもしれませんが、ご覧になる方はぜひじゅりあさんのアクセサリーを見ていただきたいです!特にプロローグのネックレス(チョーカーかな?)が大好きです♥

 

>>花組公演「CASANOVA」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから