anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【花組】平成の花組は最高!「CASANOVA」大千秋楽ライブビューイングざっくり感想

平成の花組は最高!「CASANOVA」大千秋楽ライブビューイングざっくり感想

もう今日はゆきちゃんやべーちゃんは花組にいないんだな…当然ながらまだ信じられない!という気持ちです。

少々前回の更新から間があいてしまいましたが、当然のごとく花組公演「CASANOVA」大千秋楽、ライブビューイングで観劇してきました。

本当に今の花組のあたたかさを感じられる内容で、LVしてくれてありがとう!!と宝塚の方角へ拝みたくなるレベルでした。

ひとつひとつを書いていたら多分語り足りないレベルなので、自分が気になった部分をピックアップして、簡単な感想などを。

 

 

「CASANOVA」本編について

大千秋楽ということもあり、アドリブが多かったですね!

特にマイティ(水美舞斗さん)がめっちゃ頑張ってて…お別れする時にカサノヴァさんに手を差し出されてもそれをはねのけたり、可愛かったな~。

1幕ラスト付近の長いアドリブ(カサノヴァさんが「じゃあ今ここで練習したら?」のくだり)は、つい「尺大丈夫なんか?」と心配になりましたが…

 

ゆきちゃん(仙名彩世さん)もカサノヴァさん(サンガルド卿か)との再会時にめちゃくちゃハッスルしてて可愛かった… 

れいちゃん(柚香光さん)のコンデュルメルは宝塚の時もだんだんと濃くなってましたが、この日は超絶ネットリな感じがいたしました。

粘着質というか、いい感じの悪役ネットリ。

 

演出の変更もいくつか見られましたが、カーニバルの場面での脱走劇は宝塚バージョン(変更前)のほうが好みですね…。

塊になりすぎてないですか?宝塚のほうが分散しててお一人お一人が見やすかったな~と思ってしまいました…。

 

サヨナラショーについて

やっぱりゆきちゃんの足は最高や!!!

ゆきちゃんも、その後の「ジラされて熱帯」を歌ったちなつちゃん(鳳月杏さん)もそうなのですが、ウインクの滞在時間(片目をキレイに瞑ったままもう片目を開けている時間)めっちゃ長くないですか!?驚きました。

つけまつげの長さで実は閉じて無くて半目なのか!?とか謎の考察を始めてしまいそうでした。

 

 ご挨拶について

もう何から書いたらいいか。色々書きたいものはあれど、なかなか整理がつきません。

 

組替えの方のご挨拶

ひっとん(舞空瞳さん)は星組へ、ちなつちゃんは月組へ組替えのため、ご挨拶がありました。

ひっとんのご挨拶は非常にしっかりしていて、星組にトップ娘役として行くことは多大なプレッシャーがあると思いますが、彼女ならきっと大丈夫だろうと感じられました。

「花組を離れるのは寂しい」といった内容が入るかなとも思いましたがそれを一切いれず。格好いいご挨拶だなと思いました。

 

ちなつちゃんはふてぶてしさを持ったまま月組へ(笑)。

ご挨拶にもありましたが、研9からの4年間という「自分らしい男役像」を作る時期に花組に来て花を咲かせたちなつちゃんは、花組に来て良かったと(結果論ですが)言えるのかもしれません。

ぜひ故郷に錦を飾り、月組でもふてぶてしく生きていただきたい…!

 

退団者の方々のご挨拶

たまごちゃん(茉玲さや那さん)と、べーちゃん(桜咲彩花さん)が歌の一節を退団の言葉に。

たまごちゃんは「ハンナのお花屋さん」のListen to the Voice…ですよね。

べーちゃんは「CASANOVA」の、ラストにカサノヴァとベアトリーチェが歌うあの曲。

こういう風に、自身が出演してきた作品の曲を支えに、心に…というのはファンとしてもジーンと来てしまいます。

 

ゆきちゃんは相変わらず和ませてくれて、なおかつとうさんを最後までしっかりと立てていて、本当に素晴らしいかあさんでした。

りおちゃん(明日海りおさん)がお花をゆきちゃんに渡した時、ちょっと見つめ合ったじゃないですか。

特に言葉を交わすこともなく、たった数秒なんですけどお互い笑顔で、その笑顔のちょっとした時間に二人のこれまでがぐっと詰まっているように見えて…

強い信頼感と愛情を感じられた、私にとってその日一番の「みりゆき」でした

 

りおちゃんのご挨拶

相変わらずのご挨拶!

皆さん、さびしんでおられますでしょうか…」と、突然心に寂寥感があるか問うてくるトップスター。なんだそれは。

 

組替えをする二人に対して、ひっとんにはひたすら可愛いのか「組子の一人ひとりに挨拶をしていくのが…可愛かった!!」と熱弁。やっぱり娘だったんですね

ちなつちゃんからはお手紙をもらったそうで、「さゆみさんが退団するのに一人残して月組に帰るのは心配」というなんともお世話目線に溢れた一文が…。

それに対して「全然問題ないですぅ~!!!」って言うところが可愛い。子供かな

この二人は仲がとても良かったものの、それを表に出すことはほとんどなく。

ちなつちゃんの組替えが決まったあたり?そんなことないか…「あかねさす」でちなつちゃんが役替りしたくらいから、結構表に出してきたような気がしますね。

Delight Holidayあたりからおおっぴらになったというか、完全に表面化したというか(笑)。

この二人の強い絆が感じられるやりとりで、りおちゃんがちなつちゃんの方みたらちなつちゃんが上向いて(涙をこらえてて)、りおちゃんがそれをマネして(多分…)上向いてるときにちなつちゃんがりおちゃんに対して礼してるのが、タイミングが絶妙すぎてめっちゃ笑いました。仲いいな

 

りおちゃんはその後も「この公演が平成最後。このなんだかよくわからない自信をつけて令和も頑張りたい」とかちょっと何言ってるかよくわかんないですけど私もよくわからない自信をつけて令和にのぞむね

 

途中なぜか幕が降りなかったり?(めっちゃ慌てて「はわわ…」ってなってたけどあれ結局なんやったんやろう)色々ありましたが…(笑)。

 

ゆきちゃんが「CASANOVA」劇中でゆめ様(鞠花ゆめさん)にしていた「グラッチェ」を言って欲しいとワガママを言ったり。

(りおちゃんの「そういうコーナーじゃないからぁ~」が可愛かった)

りおちゃんに「断られたらどうするつもりだったの?」と聞かれたら、「さゆみさんは断らないと思っていました!」と満面の笑み。

かあさんはとうさんの扱い方がわかってるんだね!可愛い。

 

最後の花組ポーズはちなつちゃん音頭で。アンコール?で二人がシンメで花組ポーズをしたらしいのですが、ライブビューイングでは映らなくて…

スカステでそこはきっちり放映していただきたいな~!

 

またひとつの時代の終わりだな~

またひとつの時代が終わりだなという感じですね。

宝塚は回転が早いので、時代の終わりいくつあるねんって感じなんですけど。

私はまだファン歴が浅くて、みりゆき時代しかはじめから終わりまで観ていないんです。なので時代は終わったことは非常に寂しいですが、みりゆきのすべて(の公演)を追えてよかったな、という満足感も強いです

 

 

長く続いた明日海体制の花組も、もうすぐ終焉。

これからどんどん花組は生まれ変わるために変わっていくことでしょう。

その変化は寂しいものも多いでしょうが、その変化を楽しめる人間でいたいなと思います。