anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

退団フィルターナシで素直に作品を観ないとね「明日海りお VISAメッセージ(5月10日更新分)」

素直に作品を観ます!

毎月10日はVISAメッセージの日!!

退団発表をして最初のタイミングで更新されたVISAメッセージ(4月)は全くご自身のことに触れていませんでしたが 

www.maro-cyanin.site

今回は流石に(?)ご自身のことに触れてきましたね。

 

相変わらずと言っては失礼ですが、自分のことよりも周りのことを多く描写されていることにほっこりします。

なんと表現すればいいのか…とてもあたたかみを感じます。

彼女自身が周りに対してあたたかく接してきたからこそ、こういった退団のタイミングで沢山の方に声をかけてもらったりしているのかなと妄想したり。

 

退団を発表することで気持ちがスッキリし、純粋に舞台に対してエネルギーを注ぎまくれる!みたいな流れは多く言われていますが、りおちゃん(明日海りおさん)もそうなるのかなと思うと、さらに今後の舞台では尖ったものが観られると期待してしまいます。

 

今月のメッセージで個人的に刺さったのはこの部分。

発表する前、次からの舞台は「もうすぐ退団するんだ」という風に皆さんがご覧になるかと思うと、とても寂しかったです。辞めるからというフィルターではなく、その日の舞台や役柄をストレートに感じていただけるように舞台に立ちたい。そういうことを忘れてしまうくらい、作品の世界観にのめり込み、その日の舞台を楽しんでいただけるように務めたいです。

 三井住友カード 明日海りおコーナー(今月のメッセージ)より引用

これは…思っちゃうんですよね~~…。

 

やっぱり発表されてからですと、「CASANOVA」の東京公演もそのような目で観る方も少なくなかったでしょうし、今後横アリのナウオンなど色々と出演されるとは思いますが、その時もやっぱり「もうあと○ヶ月しかないんだな」とか寂しい目でどうしても彼女を見てしまいそうな自分がいます。

 

でもりおちゃんとしても「退団するから」というフィルターを通してではなく、舞台に立っているストレートな自分を観て欲しいという気持ちは舞台人として当然ですし、その気持ちは(私は舞台の素人ですが)とてもわかります。

 

しかし贔屓がこういっているのだから…!退団フィルターはできるだけ外して素直に観たいな、と思います。

まあ実際観るときは退団フィルターなんか外れてそうですけど。特に横アリ。

 

そして本文の最後に、退団者の方への思いを書いているところがまた本当にりおちゃんらしくて…。ゆきちゃんたちが元気で私も嬉しいです(笑)。

このメッセージを見られるのもあと何回かわかりませんが、1回1回噛み締めて何度も見返したいと思います。

そう言えば次のVISAガールはどなたになるんでしょうね…。

 

また、今月は冠協賛特別コーナーもりおちゃん特集。

ルドルフのほっぺたがぷくぷくで、なんとも愛らしく必見でした…!