anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

個人的に今までで一番濃い回だった「ゆるりふんわりふたり #10(風間柚乃さん・優希しおんさん)」

個人的に今までで一番濃い回だった「ゆるりふんわりふたり #10(風間柚乃さん・優希しおんさん)」

突然ですが、宝塚では鉄板の「萌えネタ」がいくつかありますよね。

例えば「トップコンビ」。コンビの仲良しっぷりを微笑ましく見守り萌えるという素晴らしい要素!

そして「同期」。組配属でバラバラになってしまうけれど、組を離れてもその絆は確固たるもの。むしろ同期ネタで萌えない人おるんか!?と言うくらいではないでしょうか。

もちろん私も同期ネタは大好物でして(先輩後輩コンビもいい…!)、自分の人生で同期とこんな絆を結ぶことはなかったこともあり、非常に眩しく見えるわけです。書いていて悲しくなってきました。

 

前置きが長くなりましたが、そんな同期萌えを大量に摂取出来るタカラヅカ・スカイ・ステージの番組「ゆるり ふんわり ふたり」。

毎回楽しみに観ているのですが、最新回「風間柚乃さん&優希しおんさん」の回が色々と面白すぎてですね、これは何かしら書かなければならぬ…というわけで、簡単な感想を残したいと思います。

 

番組の内容(あらすじ)は公式がつよい

「ゆるり ふんわり ふたり」はどのような番組かといいますと、同期の二人がええかんじのカフェで食べたり飲んだりしながら「最近どうしてる?」とか「最近気になった芝居ある?」とか語りつつ、自身の舞台への姿勢やお互いの公演で気になったものなどを語る、まさに同期だからこそ出来る内容の番組です。

www.tca-pictures.net

というかですね、公式の解説やあらすじがつよすぎて、特別語ることない…ってくらい充実しております。

スカステ観られないよ~という方も多少は内容がわかるので、ぜひ目を通してみてください!

 

この回はとりあえず「濃い」

さて感想に…といっても、なんというかこの回は「濃い」!

とりあえず「濃い」!なんででしょうね。

おだちん(風間柚乃さん)の顔が濃いのはいつもどおりですが、きよちゃん(優希しおんさん)…いや、ゆいなちゃん!ゆいなちゃんの喋りが「濃い」!

個人的には「ベッタベタやな!」と言いたくなる関西弁でしゃべるのがよい…よい…。

二人でメニュー選ぶときもおもろいし、玉ねぎ乗せ放題ピザ頼んで店員さんに「これどんくらい乗せるのが一番美味しいですか?」って聞くのも可愛くて、そして関西人ぽくてよい…!

 

もちろんこういったおもしろベクトルでも濃いのですが、二人が語る話の内容も濃くて一言も聞き逃がせない!という印象がありました。

 

ゆいなちゃんの人の良さがめっちゃ伝わる

この番組を観て思ったのは、本当にゆいなちゃんの人の良さ。

お互いに芝居を観に行った時の感想を語り合っている時に、おだちんが「舞台に立つのを怖いと思ったのは(エリザベートの)ルドルフ」という話をしました。

学年がまだ低い彼女にとっては抜擢であり、かつ実力ある先輩のありちゃん(暁千星さん)との役替り。

私みたいな人間が舞台に立ってこの役をやっていいのかと思っていた」とかなり当時は思いつめて…というのは違うかもしれませんが、プレッシャーを感じていたことは間違いありません。

 

それに対してゆいなちゃんは「でもその気持ちはルドルフの心情とリンクしているし、それが客席にも伝わってきていた」と話します。

おだちんはそれを同期の温かいフォローだと取った部分もあるように見えましたが、ゆいなちゃんはその後もすごく沢山「その気持ちでもよかったよ」という方向で話し、「客席にそういった影響を与えられる芝居が出来るのは自分も目標としているし、おだちんがそれを出来ていたのですごく刺激になった」とも言っていました。

なんかその言い方とか内容とかがすごく温かくて、このコーナー?シーン?に行く前に同じ組の上級生や下級生から「この人ってどんな人?」みたいな事前アンケートを取ったものを発表するコーナーがあるのですが、ゆいなちゃんは多くの人から「人格者である」ことをすごく言われていました。

 

それが裏付けされるような話の受け取り方とおだちんへの返し方で「この子は本当にいい子なんやなぁ…」とほっこりしました。

もともと宙組さんの若手さんの中で応援している方でしたが、ますます応援するぞパワーが上がりました。ありがとうスカステ。

 

タイプが違うからこそ合う同期なのかなと

最後は心理テストコーナー。

この回は5種類ほどの動物と順番にお別れをしなければならず、どの順番で別れるか?というもの。

動物が愛とかお金とかの象徴になっており、自分が困った時には何から捨てていくか…というのが心理テストの結果でした。

この二人は面白いことにほぼ正反対。おだちんが最初に捨てるものはゆいなちゃんが最後まで残していて、その逆もしかり。

おだちんの方がリアリストな感じがしましたね…「たぬきを残しておいて何か得があるのか(わからない)」には笑いました。

確かたぬきはなんだったかな、仲間か愛でした。

他にはプライド・お金・仕事があって、ゆいなちゃんはそれ3つが前半にあり、仲間と愛が残る形で、おだちんはお金が一番最後だったかな…(笑)

 

もちろん心理テストの結果ですのでお遊びですが、タイプがほぼ正反対のような二人だからこそここまで仲良くしているのかなあとも思えました。

ゆいなちゃんはおだちん大好きで、おだちんもゆいなちゃんが大好き(押されてる方ではありますけど…w)なのが伝わってくる30分でした。