宝塚の動画配信サービス「タカラヅカ・オン・デマンド」解説!&自分で使ってみた感想

宝塚をもっと深く楽しむ
この記事は約10分で読めます。

宝塚を激情劇場以外で楽しみたい!という場合、一番最初に思い浮かぶのはやはり「ブルーレイ・DVD」という、いわゆる円盤。
次に「タカラヅカ・スカイ・ステージ」(以下スカイステージ)かと思います。

とはいえ、スカイステージはスカパーやJCOMなどに加入する必要がある上に、さらに月額3000円超を支払わなければいけないため、ハードルが高いです。
また、環境上観ることができない、という方も多いとか。

そんな方でも大丈夫!配信サービスがあるよ!…と言いたいところなのですが、実際この配信サービス、どれだけ活用されている方がいるのでしょうか…、いや、自分が知らないだけでめっちゃ活用されてる方もいるとは思うんですけど。

でも、正直わかりづらくないですか?なんか。

…というわけで、今回調べて、かつ自分で使ってみて感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも動画配信サービスってなんぞや!

まずはここからいきたいと思います。まあなんぞやいいましても、配信サービスだよ、としか言いようがないんですけれど。

具体的には

  • 今までスカイステージで放送された舞台作品
  • スカイステージオリジナル番組
  • タカラヅカニュースの編集されたもの(コーナーなど)
  • 配信専用のオリジナル番組

を動画として個別で一定期間レンタル出来るサービス、と思っていただいたらいいと思います。

宝塚の映像をネット上でレンタル出来る!…と思ったら、なかなか良さそうな感じがしますよね。

どこから配信サービスの詳細を知れるの?

個人的に問題と思うのは、配信サービスへの誘導が悪いこと。

もっと大々的に「配信してるで~!」ってわかったら、もっと利用者が増えそうな気がするんですけど…どうなんですかね…。

そう思っていたら公式もそう思ったのか、動画配信の認知に力を入れ始めてますね…(2020年1月現在)

というわけで、簡単にではありますが、動画配信サービスの詳細へ行く方法を(個人的にわかりやすいかなと思う道筋で)ご紹介します。

宝塚歌劇団公式ホームページの下部にこんな部分があります。

宝塚歌劇公式ホームページ
宝塚歌劇の公演情報、宝塚大劇場・東京宝塚劇場に関する情報、花組,月組,雪組,星組,宙組,専科やスター情報をご紹介します。

そこで「キャトルレーヴオンライン」をクリックしていただくと、新しいウィンドウで開きます。

今度はページ上部(上いったり下いったりややこしいですね…)のメニューに「動画配信」というアイコンがありますので、こちらを選択してください。

そうしますと、

タカラヅカ・オン・デマンド|宝塚歌劇を動画配信で楽しむ|キャトルレーヴ オンライン
宝塚歌劇を動画配信で楽しむ タカラヅカ・オン・デマンド

こちらの動画配信トップページへ繋がります。またここからがややこしいですねこれ…!!

どんな動画があるかを探すには?

これがまたクッソわかりづらいんですけど、見たい動画を探すには、「タカラヅカ・オン・デマンド」ページの真ん中あたり(具体的には、最新月のラインナップ・サンプルムービーの下)に、ざっくりですがカテゴリーわけがされています。

タカラヅカ・オン・デマンドメニュー

画像で言うと雑な黄色い丸で目印を付けている部分ですね。

それぞれの項目を簡単に説明しますと

新作…現在配信されているものの中で最新のラインナップ
オススメ…動画配信限定などのコンテンツ
プレミアムプランリスト…プレミアムプラン(後述します)に加入している人が見放題出来る番組のリスト
舞台…現在配信されている舞台作品のラインナップ
ミュージック・クリップ…舞台のテーマソングなどに合わせて映像を編集したもの
オフ・ステージ…タカラヅカニュースやスカステのバラエティ番組
トーク…ナウオンやトーク系番組
ニュースピックアップ…突撃レポートや舞台レポートなど、タカラヅカニュース内のコーナー

となっています。これらは全て組混合なので、組別にい選びたい場合はその下、赤い枠線で囲まれている部分を使うといいかと思います。

例えば「花組」で舞台カテゴリを検索するとこんな感じです(画像は昔なので、最新のものとは内容が違います)

f:id:maronie:20180424214844p:plain

少々画像が小さいので見づらいかもしれませんが、配信しているサイトはそれぞれのカラーが表示され、配信に対応していない場合はグレーアウトしています。

例えば一番左上の「エリザベート(2014・花組・役替り柚香光ルドルフ)」は「Amazonビデオ」または「ビデオマーケット」の配信のみに対応している、ということです。

価格はどのサイトも変わらないと思うので、自分が見やすいサイトでいいかと思います。

「プレミアムプラン」って一体なんぞや?

やっとこさ配信トップページへきたわけですが、突然出てくる「プレミアムプラン」。なんだよ…って言いたくなるところですが、これをまとめますと

・月額1,500円(税抜)かかる
・加入すると最新月+過去2ヶ月(合計最新3ヶ月)に配信される動画、どれだけ見ても月額以上かからない(見放題サービス)
・プレミアムプラン加入者限定の動画も視聴可能

といった、最近多い「サブスクリプションモデル」だと言えますね。

ラインナップは毎月どのような番組が追加されるかわからないのでなんとも言えませんが、ざっと見たところバラエティから舞台作品まで幅広くピックアップされていますし、過去作品も入っているので…

・スカステが入らないので、新旧問わず色々な作品を見たい!
・スカステに入っているけど、昔の再放送がない番組(ニュースピックアップなど)も色々見たい!

など、端的に言うと「どんな内容でもいいから色々宝塚に触れたい、楽しみたい」という方向けかなと思います。

逆に言えば

・限定動画に興味がないなら入る価値は低い
・最新3ヶ月分しか見放題ではないので、それ以外の動画は購入する必要がある
・見たい番組がない場合、ただ月額がもったいない(追加作品は自分で選べないため)

といったところでしょうか。
また、プレミアムプランに対応しているのは「RakutenTV」と「ひかりTV」の2社のみとなっており、Amazonなどが非対応なところも…どうなんでしょう?

プレミアムプランって入るべき?

ちらりとプレミアムプランのラインナップを見てみましたが、「スカステなどで放映されている最新のものが出来るだけ早く見られる」…というわけではなさそうです(あくまで見た範囲のみですが)。

最新月といっても今スカステでリアルタイム放送しているものがすぐに入ってくるわけではなく、ナウオンなど「その舞台上演中にスカステで放送している番組」は1ヶ月程度の遅れがありそうかな、と思います。東京公演中のタイミングで観られるかどうか。
別箱の場合は終わった後にやっと観られる、って感じになりそうです。

季節に合わせた特集はされているものの、こちらは流石に仕方ないですが1年遅れくらいか…。

ただ、スカステではなかなか放送されない昔の舞台番組がたまにラインナップとして含まれている印象があるので、「そこそこ今のスカステも追えて、かつ謎のちょい古い作品がパンチを放ってくる」傾向があると言えそうですね…。

ただ、「どの組でもいい!とりあえず宝塚の映像を見たい!」という方でなければ、あまり興味がない月も出てきてしまうかも。
自分がスカステに入っていなかった場合、これに入るかと言われますと…う~ん、悩みどころです。

ただ、プレミアムはこれらの新作以外にも「プレミアム限定」で閲覧出来る「特集」があり、そこがハマれば面白いかも…?とは思いますね。

どこの配信サイトがオススメなの?

本当にざっと見た感じではあるものの、対応作品が一番多いのは「RakutenTV」という感じ。舞台だけでなく、オフステージに分類されるトーク系もRakutenあるいはGyaoが多いですね。

宗教上の理由がなければRakutenTV、それにない場合はAmazonビデオでいいんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

画質とかどんなもんなのか買ってみる

…と、ここまで無責任にするのはあれなので、実際に動画を買ってみました。

私のご贔屓は明日海りおさん!ということで、RakutenTVで「明日海りお」で検索します。

f:id:maronie:20180424215902p:plain

めっちゃ出てきた。

ま、まあね…研16ですからね…。

折角なのでトーク系が見たい!ということで…

f:id:maronie:20180424220446p:plain

LOCK ON!このシリーズ面白いし好きなんですよね。りおちゃんの見てないし(この時まだ宝塚にハマってなかった)…ということで買おうかな!と思ったんです。

が!

f:id:maronie:20180424220532p:plain

えええ~~一部割愛~~~~!!?

ということで、違うやつにしました。

f:id:maronie:20180424220737p:plain

だいもんとりおちゃんの、同期!同部屋トーク!

f:id:maronie:20180424220808p:plain

購入したらこんな感じになります。

再生ボタンを押すとそこそこの音量で再生されますので、ご注意下さい。

(ちなみにRakutenTVはスマホにも対応していますので、スマホでも見れるかも!私はPCでしか見ていませんが)

画質について

画質は特別悪いとは思いません。なんだろう、Youtubeの高画質くらいかな?(ちなみにPCで閲覧しました)

特別「画質が悪い!」と思うことはありませんでした。

公式が初日映像などをYoutubeにアップしていますが(具体例)

これよりも画質いいかも?くらいです。有料なので画質悪いと問題ではありますが…「特別不満に思うほどではない画質」と言えると思います。

動画配信サービスはアリかナシか

個人的には「十分アリ!」だと思います。

当然配信自体はスカステからは遅れるわけですが、スカステも頻繁に再放送をするわけではありませんし(特にトーク番組系)、自分が見たいものを再放送してくれるわけでもないので、「ある程度お金を払えば確実に自分が見たいものが見れる」という意味では動画配信サービスは十分アリかと思います。

また、時間によって価格も違いますが、舞台(1本物)であれば900円くらい、トーク系であれば200円~300円くらいで見られますので、お財布的にもそう痛くないかな、と(もちろん網羅するのであればお財布は痛みますが…)。

「宝塚にハマって色々観てみたいけど、スカステに入ることもできない」という方であれば、動画配信は上手く活用すればアーカイブを「自分が見たいものだけ」見られるので、楽しいんじゃないかな~と思います。

例えばエリザベートなんかは、全然スカステでも再放送されませんので、思い切って配信で買っちゃうのもアリだと思いますし。

とはいえ、番組の内容の豊富さやリアルタイム感はやっぱりスカステには敵いませんので、観られる環境があるのなら「スカパー!無料の日」などを利用して一度スカステを観てみるのもアリだと思います。
こちら↓にてスカステに関して詳しく説明していますので、興味がある方は一度チェックしてみてください!

…というわけで、ちょっと配信サービス人柱記録でした。個人的には悪くないので、もっと宣伝すればいいのに…。

コメント