anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

タカラヅカスペシャル2018 LV(12月22日 12時・16時公演)感想 その2 組コーナーについて語るよ【ネタバレあり】

タカラヅカスペシャル2018記事その2

続いて感想、その2!です。

今回はド頭に貼りました画像の通り、各組の組コーナーについての感想を書いていきます~!

前回の記事はこちら。

 

www.maro-cyanin.site

 

やっぱり楽しい、それぞれの組コーナー

組コーナーは毎年その組の1年が凝縮されているので、毎回楽しみです。

これまでは寸劇…もといパロディお芝居仕立てでしたが、2016年からシンプルな1年をメドレーで振り返るコーナーになりましたね。

パロディも好きですけれど滑って大変なことになるよりは大人しくメドレーで歌っていただくほうが個人的に安心できるので、特に不満はありません!

記載順はプログラム準拠です。

花組コーナー

我らが花組!!!

でもいきなりエドガーやるのやめてくださいびっくりしてしまいます。

久々のエドガー、聴くと声の高さに改めて驚きました。高いですね…。

キーじゃなくて声が高い、(別に疑ってたわけじゃないけど)本当に少年の声にしてたんだなあとまじまじと感じます。

舞浜でいろいろな魂に来ていただいていたりおちゃん(明日海りおさん)ですが、エドガーの魂もわざわざ飛行機にのって来てくれているのかと思うと感慨深いですね。

そこからメサイアの「まことの宝」…からの!ゆきちゃん(仙名彩世さん)!!!Sante!!しかもエイトシャルマンのところ!!!

いやーこれぞ「花組の仙名彩世」というところを観せてくれました。嬉しいです。花娘はもっとオラついていけ。

マイティー(水美舞斗さん)は初主演作品であるセニョールクルゼイロの曲、ちなつちゃん(鳳月杏さん)はあかねさす(この時後ろで踊っているおとくりちゃん(音くり寿ちゃん)の表情にドキッとしました。可愛いのに色気が!)、れいちゃん(柚香光さん)は全ツ…とそれぞれこういうことがあったなーと。

蘭陵王の曲なかったのがちょっと残念ですが、あれは主演がかちゃちゃん(凪七瑠海さん)だからでしょうね。

ラストはBeautiful Garden。正直あんまり食指に引っかからなかったショーではあるのですが、組子がニコニコしているとそれだけで満足できます。

15時公演では、りおちゃんがアドリブで花組ポーズをガチっと決めていて、相変わらずだなあと思いました。

月組コーナー

そして月組!

たまきち(珠城りょうさん)の(たしか)カンパニーからスタートし、さくらちゃん(美園さくらさん)との雨に唄えばのデュエット。

さくらちゃんはぐっと顔を変えてエリザベート(のエトワール曲)を。ありちゃん(暁千星さん)と交代し、「闇が広がる」。

後ろで踊っているじゅりちゃん(天紫珠李さん)が可愛くて可愛くて…。黒天使をやっていたのもあり、キレッキレでしたね。手足が長い!

順番が非常に曖昧ですがこのあとれいこちゃん(月城かなとさん)とくらげちゃん(海乃美月さん)で「THE LAST PARTY」、二人の並びは本当に絵になります。

続いてゆりちゃん(紫門ゆりやさん)メインでBADDYの中詰の…曲名わからないんです…でもあれ!テンション上がる~!

その後はみやちゃん(美弥るりかさん)が「雨に唄えば」から1曲。コズモ本当に可愛かったので久々に聴けて嬉しかったです!

そして最後はBADDY!BADDY!めっちゃ盛り上がりました。自分が。

れいこちゃんがポッキーメガネをささっと着けているのを、15時のLVで初めて気づいたんですが、11時でもきちんとかけてらっしゃった(というか基本かけてらっしゃった)んですね…。私の目は節穴です。

雪組コーナー

雪組コーナーは、いきなりのエリック。

花組のエドガーといい、89期はとりあえず度肝を抜きたい気持ちが強いのかな?という。

もちろん大劇場でも拝見しましたが、エリックは可愛いなあ(モンペ)。

その後は正直覚えていないのですが(ごめんなさい…)、きぃちゃん(真彩希帆さん)がメロディメロディしていたり、咲ちゃん(彩風咲奈さん)が誠の群像の歌を歌っていたかと思います。

その後は義経かな。ひとこちゃん(永久輝せあさん)と野々花ひまりちゃんのペアと、あーさ(朝美絢さん)と星南のぞみちゃんのペアで。

再びだいもん(望海風斗さん)で、凱旋門。この曲めっちゃ好きなんですよ…ボリスも格好よかったな…。だいもんが演じた役の中で2番目に好きです(1番はもちろんナイジェル!)。

そして、だいもんときぃちゃんで「コパカパーナ」(曲名違ったらごめんなさい!)

Gato Bonito!!のデュエット曲ですね。

これを観てやっぱり「きぃちゃんは娘役の皮を被った男役だな」と感じます。

もちろん褒めてますよ!きぃちゃんはもともと男役志望なところもあるのか、強いんですよね。

今強いトップ娘というとゆきちゃんが一番近いかと思いますが、ゆきちゃんは「娘役の範疇の中で強い」感じなのですが、きぃちゃんは娘役を超えて「男役のような強さ」を出している娘役だと思います。それがまた気持ちいいんですよね、観ている方は。

その後はGato Bonito!!のメインテーマへ。

咲ちゃんがだいもんに絡んできぃちゃんに見つかって「あらら~~」って感じで去るのが面白いなあと思ってみてました。11時公演より15時公演の方がべったりしてた(笑)。

15時公演は「ニャ~~~!!」の後にだいもんが「来年はいのしし~~~!!」(※かなりニュアンスです)といって、皆で「がお~~~!!」って言ってましたね。4組のうちアドリブをちょっと入れたのが花と雪という…また89期か!!

星組コーナー

4組中最後となるのが星組コーナー。

のっけから「ANOTHER WORLD」で始まります。わっくわっく~どっきどっき~♪

紅さん(紅ゆずるさん)の歌をこっちゃん(礼真琴さん)が引き継ぐのですが、こっちゃんがまるで民謡…というよりも演歌のようなこぶしまわしで見事に歌われます。また感嘆しちゃいます。

一通りなんまいだーしたら(?)、あーちゃん(綺咲愛里さん)が「Bouquet de Takarazuka」のメインテーマを。

せおっち(瀬央ゆりあさん)が(多分)デビュタントの曲を、ふじりゅー(紫藤りゅうさん)と、星蘭ひとみちゃんはるこちゃん(音波みのりさん)と。

そしてかいちゃん(七海ひろきさん)が、麻央侑希さんぴーすけ(天華えまさん)と…多分?東離劍遊紀のテーマを。

ぴーすけは歌が上手いと風のうわさで聞いていたのですが、伸びやかな声が印象に残りました。

続いてのラストは今年の星組を象徴するであろう、「Killer Rouge」!

メンバー全員出揃ってぐっと会場を盛り上げていました。会場でキラッキラッしてた方もいるかもしれませんね…!

それぞれの1年が見応えあり

タカスペの組コーナーを観ますと、2018年もどの組も充実していたんだなあということが伝わってきます。

どの組もそれぞれ違った魅力があって、観ていて楽しかったです。

もちろん好みはあるものの、普段贔屓の組は観ているけど他の組はあまり観ないわ、という方でも楽しめる内容になっているのではないかな?と感じました。