anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【花組】「A Fairy Tale / シャルム!(2019.08.25 11時公演)」観てきたので雑感書きなぐり(ネタバレなし)

本日、ようやっと(…といっても公演3日目ですが)花組、わがご贔屓の退団公演でもある「A Fairy Tale / シャルム!」を観劇してきました。

(お友達がチケットを取ってくれたのです!神!

 

まだまだ公演は始まったばかりなので、ネタバレはナシ!で雑感をざくざくーーーっと書きなぐります。いつもよりも文章が乱れている可能性が非常に高いですが、ご容赦ください。

お芝居「A Fairy Tale」 

実際に観るまではあまり情報を入れないようにしていたのですが、簡単に感想を見るとどうやら賛否両論のようで…むしろ否が強め?という印象がありました。

私はそもそも植田景子先生の紡ぐ世界が大好きなので、100人中90人が「駄作」といっても「めっちゃ好きやわ」っていう自信はありました(笑)。

 

が、いやいやこれ、めっちゃいいお話じゃないですか……!!

同時期の退団公演として、どうしても星組さんの「食聖」と比べて観がちではあるのですが、比べたところで意味はない。

本当に変わらず、景子先生の世界はあったかい。

うまく表現できませんが、熱いものが中に入るようなお話ではありません。

ただ、そこからじんわりと人の温かさを知るような、柔らかい、まるで羽毛のようなふんわりとした温かさがそこにありました。

 

妖精(精霊か)のエリュは、非常に男前でございました。

なぜか景子先生が書くとクリス(ハンナのお花屋さん)同様に、多少ストーカー気質を持ってしまうのか……?という部分はありますが、そこも愛せます。はい。

妖精と聞くとやはり柔らかい、可愛い、繊細という印象を持ちがちですが、骨太で男前な精霊さんでした。決してパックのような可愛い(パックも男らしい部分がありますけどね)妖精さんではないので、安心していただければ!

 

「シャルム!」

退団公演のショー……ということでかなり身構えていたんですが、いやいやばってん、普通によかった

 

普通に良かったと言うと非常に語弊がありますが、退団を意識せずに楽しめる構成に感じられたという印象です。

正直ボロボロ泣いてしまうのではと心配していたのですが、稲葉先生のまとめ方が非常に美しく、ショーとして楽しめるものだったので普通に楽しんで終わった……という感じでしょうか(笑)。

 

いや、多分組子全員で踊るシーンやら、黒燕尾のシーンやら泣けるポイントはたくさんあるんでしょうがとりあえず「たのし~!!」で終わってしまって……。

正直泣くよりは楽しい!と思えている方がいいので全然問題ないんですけどね。

 

個人的にはショーよりお芝居の方が好きです。もしかしたら少数派かもしれませんね。

また火曜日に観に行く予定なので、改めて詳しく感想をかけたらと思います。