anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

個人的に観ていただきたい花組男役「泉まいら」さんの話

個人的に観ていただきたい花組男役「泉まいら」さんの話

本当に花組の話ばっかりで恐縮なのですが…。

今日は公演どうこうではなく、花組で今応援している若手男役さんである「泉まいら」さんについて語りたいなーというやつです。

私自身、今後花組さんをどれだけ観劇するか未知数なので、それまでに書きたかった記事なのです。

 

この公演でトップスターの明日海りおさんが退団し、また花組をこれまで支えてきた上級生の娘役さんも退団されます。

さらに綺城ひか理さんも星組に組替え…と、今後大きく舞台上における花組の人選というものが変わってくるでしょう。

今回のショー「シャルム!」でも若手を積極的に使おうとしているのかな?という印象があります。

若手といっても中堅に入りかけの方も多いのですけど…なんというか、もう99期が長の期なの!?と驚かざるを得ないんですよね。まだ入ったばっかりでしょ!みたいな。

私が単純に脳をアップデート出来ていないだけではあるのですが、今後、特に男役は99期以降の生徒さんも積極的に起用されてくるであろうことが予想されます。

 

その中で!前置きながすぎるんですけど!私(と母)が今若手で一番注目して応援しているのが泉まいらさんなんです。

あまり花組を観たことがない方はもちろん、観ているよという方でもぱっとお顔が思い浮かばない方もいるかもしれません。

しかししかし~~!!可愛いし歌も上手いし素敵なんです!ぜひ観て!というダイマ(になればいいなー)記事です

 

今回の公演ではどこに出演してる?

この記事を書いているのがりおちゃん退団公演中なのでそこを起点に。

A Fairy Tale-青い薔薇の精-」では「ポエッタ」役をしています。踊る子です。

天使のようなくるくるヘアーが愛らしいのでぜひ見てみてください。

正直歌上手さんなので「歌う精霊側なのでは?」と思ったのですが、同じ歌上手の音くり寿ちゃんもそっち側だったので気にしないことにしました

 

台詞の数自体はそう多くないですが、精霊組とあって出番は多いです。

基本エリュさんがいる場所にはいる!と思っていただけたら…。

今作の微笑ましい(お笑い)シーンのひとつである、ハーヴィーが植物の声を聞くシーン。そこで聴診器を「ほら!」と渡しているのが彼女です。

 

シャルム!」ではちょこちょことええ感じで出番があります。

中でもレジスタンスの場面で男役4人がソロを歌い継いでいきますが、その一番最初に歌っているのが彼女です。

泉まいらさん→冴月瑠那さん→和海しょうさん→舞月なぎささんの歌い継ぎですね。

また、光のシーンでも最初に歌うメンバーに入っています。歌うまなのです!!

黒燕尾では右手上(上手側上段)グループの真ん中下あたりにいらっしゃいます。

 

どこが魅力?

個人的に彼女の最大の魅力は「声」です!

男役としてはちょっと高めの声なのかもしれませんが、非常によく通ってキレイなお声です。

よく通ってキレイな声というと、1期下の愛乃一真さんもそうですね。彼女も大好きです。可愛いんですよ~。今回あまり活躍の場がなくて寂しいのですが…。

低くて渋い声も好きなのですが、透明感があるまいらくんの声はとっても好みなんです。

特に高音の伸びがとてもキレイで、聴いていて心地いいレベルなので、今後どんどん歌ってほしいですし、ソロももっと増えれば…!!と思っています。

スカステの「音楽の宝箱」だったかな、あれで2期上の先輩峰果とわさんと出演していたのですが、あれは耳が幸せになるやつでしたね。とわさんも歌上手…。

 

お顔も可愛くて好きです。特に目元とか本当にキレイなんですよね…

笑うとくしゃくしゃになるところもキュートです。くしゃ顔好きなんです。

うちの母は「ちょっとちぎちゃん(早霧せいなさん)に似てる」と言ってますが、わからんではないかも。

私は目元だけで言えば、あきらくん(瀬戸かずやさん)にも近いかな?と思っています。

あとめっちゃ大きく開きそうなお口も可愛いと思います。個人的にあれはチャームポイントやろな~と思っています。

ただ、個人的に素化粧のお顔の方が好きです…。これは好みですね。

 

でも何より舞台で見てて表情が可愛いんですよね。やっぱり舞台人である以上、舞台の上でどう魅せてくれるかが非常に重要なので、その点まいらくんはほんと見てて飽きません。

人の良さというか、純朴さも舞台にあらわれているような気がします。

 

スター候補が多い100期なので、ライバルも多いかと思います。

だけど彼女なりの魅力で今後の花組で活躍してほしいな…という期待を込めて。

でもこれ私の魅力語りが下手くそすぎて全然ダイマになってませんね…反省。

 

>>花組公演「A Fairy Tale/シャルム!」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから