anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

「A Fairy Tale/シャルム!」は2階席めっちゃいいよっていう話

A Fairy Tale/シャルム!」は2階席めっちゃいいよっていう話

花組関連の記事ばっかりになってしまってアレなのですが…。

 

今回はチケット運的に2階席がこれまでより多いんです。さすが退団公演!

元々2階席は段差もしっかりあるので見やすいし(列によっては舞台装置の上の方とか見切れますけど)、オケピが見えたりと好きな場所です。

それに加えて今回の花組公演「A Fairy Tale-青い薔薇の精-/シャルム!」については、1階席ももちろんいいんですけど、2階席もメチャクチャよくない!?と思っています。

>>花組公演「A Fairy Tale/シャルム!」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから

 

全体を俯瞰で見られる

当然俯瞰で見られるやろっていう話なんですけども!

お芝居はきれいなセットはもちろんのこと、結構盆を使います。

なので皆(やセット)がぐるーっと回るのを上から見ることができるので楽しいんです!

また、ヴィッカーズ商会であきらくん(瀬戸かずやさん)が精霊たちと(ひっそり)歌合戦している場面がありますが、 あの時に後ろのセリに乗っている4人の精霊ちゃんたちの動きもよく見えます!皆可愛いんだ…。

 

ショーのフォーメーションの美しさがわかる

個人的にはこっちの理由を超推したいです。

シャルム!」はめっちゃ男役群舞が多い(自分の記憶比)ショーなんですけど、それが俯瞰で見られるのってめちゃくちゃいいんですよ!

さすがダンスの花組と言われるフォーメーションの美しさや揃い方など、本当に見応え抜群です!

 

特に組子全員で踊るシーンでは、最後大劇場全体を使ったといってもいいフォーメーションになりますが、1階席で見るよりもずっとずっと迫力があって、本当に包まれているように見えます。

 

フィナーレの黒燕尾も…大階段上部に居る方々は多少見づらいのは否めません(セットとかぶっちゃう方もいます)が、上からみる黒燕尾の群舞は素晴らしいの一言です!銀橋に来たときも…。

 

ぶっちゃけショーは2階席で見たほうが感動するのでは?!と思ってます(笑)。

 

今回の作品に限りませんが、常設の劇場で公演しているだけあって、2階席から見てもまた違った魅力が楽しめる部分が大きいのも宝塚の演出がすごい!と思えるポイントだと思っています。月組「グランドホテル」も2階席から観た時に感動しました。

 

また、今回は客席降りもないので、客席降りがあったら1階席のほうがよかった~!!という方も安心して(?)2階席を楽しめるのではないか…と思っております。

>>花組公演「A Fairy Tale/シャルム!」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから