今日のひとこと(2020.010.27):最近初めてべーちゃん出演のCMを観ました。カワイイ!!

俳優さんと女優さん…!!「ときめきタカラヅカSTYLE#12」感想

OG
この記事は約4分で読めます。

9月2日がファーストランだった(はず)、かいちゃん(七海ひろきさん)が送る宝塚愛に溢れた番組「ときめきタカラヅカSTYLE #12」。

今月放送分が悲しいながら最終回。そのゲストに同期であるりおちゃん(明日海りおさん)がお呼ばれしました!わーい。

相変わらずのほわほわな感じが楽しめた30分でございました!

スポンサーリンク

俳優さんと女優さんになった二人。

かいちゃんとりおちゃんのほわほわトークからスタート。

なんというか、変わらないかいちゃんとすっかり変わった(女優さんになった)りおちゃんの差にびびります。どっちがいい悪いではなく、選んだ道の違いがぱきっと出るような感じ。

かいちゃんは俳優さんで、りおちゃんは女優さんだもんね。

しかし相変わらずりおちゃんの魅力として「ギャップ!二面性!」と力説してくれるかいちゃん、好き。

お互いの第一印象のまま今も変わってないというのもすごい点かなと思います。

かいちゃんがお隣の部屋で、最初に挨拶に来てくれたというのは有名な話ですが……だいもん(望海風斗さん)がイジられてるのに笑ってしまいました。彫刻フェイスだもんね。そうね。

初登場映像が若い、若すぎる……

この回のテーマは「タカラヅカ・スカイ・ステージ」ということで、スカステの思い出や好きな番組についてのトークも。

かいちゃんはジェンヌの謎?疑問?を解決する番組に出演。どこの身長から男役になるのか、だったかな?宙組の子が出てたみたいで、カチャちゃん(凪七瑠海さん)もうつりました。

りおちゃんはナウオンが最初だったようで……めっちゃ若い!何アレ!というレベル。下級生の頃から出させてもらえるなんて、いいわね……。

タカラヅカニュースをはじめとした、下級生たちが出ている番組(シーン)もしっかりチェックしているのはさすが上級生。

かいちゃんは素直に「がんばれ~!」って応援している感じなのに、りおちゃんは「こう言ったらもうちょっといい感じなのに…って思いながら見ちゃう」とダメ出しモードなのはキャラ性の違いを感じますね。

二人が共演した数少ない番組の話も。そしてりおちゃん立つ。

かいちゃんとりおちゃんが共演した番組として「いちごいちえ」が挙げられていました。

最初の二人だけの出演もそうですが、メインの話題になったのは当時の89期男役5人が全員揃った「いちごいちえ リターンズ」。

今思っても豪華なメンツでしたね……。

当時の感想記事はこちら

もうひとつの共演作品(?)として挙げられたのが、スカステの開局15周年番組。

私の記憶からは結構消えていたんですが、あのバンドっぽい並びを見た瞬間鮮明に思い出しましたね……かいちゃんがシナリオを描いたミニドラマ。

りおちゃんが恥ずかしすぎてアカンかったのか、立ち上がってかいちゃんが見えないようにディフェンスする場面も…。ああいうのって当時は本当に真剣にやっていても、今みるとやだ~!ってのありますよね。わかる。

立ったときにわかったんですが、りおちゃんのワンピースのデザイン面白いですよね。背中側から紐のように布が回ってきていて。

好きな番組についての話やリクエストも。

かいちゃんが一人で話すシーンではジェンヌの素顔が見える番組の代表として「ブリドリ(Brilliant Dreams)」を挙げていて、自身の思い出を語ったりも。

りおちゃんもブリドリの思い出を話してましたね。みんなでバーベキューね、したね…。

スカステでこんな番組がみたい!という視聴者さんからのリクエストでは「文化祭の一挙放送」が取り上げられ…結論が「やめときましょう!」なのが面白すぎました。

私は一回も見たことがないのでぜひ観てみたいんですけども…(笑)
でももう18年くらい前の話ですもんね。私も自分の18年前の映像は、正直観たくないです!

こんな感じでざっくりとした感想ではありますが、かいちゃんとりおちゃんの「ぽわ~ん」な雰囲気に癒やされました。やっぱり同期同士の空気は(どの期であっても)違いますしよいものです。

そして、かいちゃんが最後にお花をもらっていましたが…今回で終わっちゃうのかなあ。
毎回楽しく観ていたので、ぜひともまた新たな番組を持ってもらいたいです!

コメント