今日のひとこと(2020.010.27):最近初めてべーちゃん出演のCMを観ました。カワイイ!!

【専科・雪組】「パッション・ダムール」キャスト別感想。みんな持ち味を発揮していてよかったな~

専科
この記事は約7分で読めます。

今日は前回に続き、カチャちゃん(凪七瑠海さん)主演のコンサート「パッション・ダムール」のキャスト別感想です。

本当は前回でぎゅっとまとめるつもりだったのですが、思いの外長くなってしまい…やはりいい作品を見ると、どうしても長文になってしまいますね。

スポンサーリンク

凪七瑠海さん

前回の記事でも書いたことですが、「やはり王道には王道の良さ、魅力がある」ことを再確認させてもらったのが「パッション・ダムール」でした。

そして、その魅力がいかんなく発揮されたのが、宝塚の王道王子様といってもいいカチャちゃんが真ん中に立っていたからこそかも…とも思えました。

カチャちゃんは歌はもちろん、ダンスも美しくて専科の名に恥じません。
やっぱり真ん中にいると違うなと感じさせてくれるオーラがありました。

「Amour それは…」からのシーンで、金色のガウン?を着てくるんですけどそれが似合いすぎていてやばかったです。王道!王子様!!

あと、カチャちゃんはダンスが得意というイメージが失礼ながらなかったんですけど(歌の方かなって)、1幕ラスト付近ではだんだんとテンポが早くなっていくダンスを難なく踊られていて、体幹やべえなやっぱこのひとすげえわ…ってなりました。

でもロイヤル。なんなの。素敵。

縣千さん

男役2番手はちさとちゃん(縣千さん)。いやー、本当に出来上がってきましたねぇ…。

「ル・ポァゾン」で(多分)出てきた黒っぽい妖精…なんやろうあれ…「オーシャンズ11」のリンゴもった馬みたいなやつ…(雑)あれがめっちゃ似合ってましたね。

あとスーツも似合ってましたね。体格がいいからああいうの似合いますよねぇ…。
ただ、ソロ歌唱のときに自身の得意なキーと歌が合っていなかったのかな?と思える部分があったので、そこがもっとよくなれば、向かうところ敵なしなスターさんになっていくのではないかなと思いました。今後に期待大なのです。

眞ノ宮るいさん

男役3番手はるいちゃん(眞ノ宮るいさん)。

なんでしょう、もっと若手のときは可愛らしくてきゃるるんな印象だったのが、いつの間にこんなオラついた男になってしまったのか。ええやん…。

彼女のダンスには結構だいもん(望海風斗さん)みがある感じがします。あとあーさ(朝美絢さん)ぽい。花組来る?みたいなオラつき感。でも意外と今の雪組の男役さんって結構オラついてますよね。だいもんの影響かな~。

ちさとちゃん、あみちゃん(彩海せらさん)と後輩の突き上げがすごいですが、切磋琢磨して上がってほしいなあと思う方の一人です。今年、新人公演のチャンスがなくなってしまったのが悔しい限り。

スポンサーリンク

星南のぞみさん&彩みちるさん

娘役さんはダブルヒロインと言えるでしょう、りさちゃん(星南のぞみさん)とみちるちゃん(彩みちるさん)でメイン娘役となるシーンがぱっきりとわけられていました。

りさちゃんはダンサーさんなので、ダンスの難易度が(私にとって)高く見えるシーンで起用されているのかな?と思いきや、みちるちゃんも結構難易度が高そうな技?も披露していて、ダンスの得意さというよりはそのシーンの雰囲気に合った娘役さんを起用しているのかな?という印象でした。

MCでカチャちゃんが言っていましたが、りさちゃんがお姫様シーン担当で、みちるちゃんがお色気シーン担当。顔の印象からすると逆の方が私はイメージが湧きやすかったのですが、こちらも見てみればそれぞれがハマっていて、よかったですね。

1幕ラストかな、カチャちゃんがジゴロでみちるちゃんが彼女?のシーンがあるんですけど、ここがとても良かったです……。みちるちゃんもこんなセクシーな感じの雰囲気を纏えるんやなあと思いましたし、りさちゃんがボブのかつらになっていて、非常に眼福でした。娘役さんのボブは国宝なのです。

他にもたくさんの方々!

もちろん、メインキャストであろう方々以外にもたくさんの組子さんが活躍していました。

叶ゆうりさんは何度も書きますけどやはり声がいい!ですし、歌上手さんとしては一禾あおちゃんや、壮海はるまくんもしっかりと出番がありました。

あおちゃんは結構推されてますよね。きぃちゃん(真彩希帆さん)のミューサロにも出ていましたし。

娘役さんでは有栖妃華ちゃんが本当に可愛くて、声が美しくて、今後注目したい娘役さんです。そのうちエトワール、やってくれないかしら。

あと、希良々うみちゃんがたまにゆきちゃん(仙名彩世さん)に見えることがありました。もっとふんわり系だと思っていたのですが、いつの間に色気が…!?

スポンサーリンク

最後のトークもほんわか。

MCは2幕ラストに初めて行われるという、少々変わった構成です。

カチャちゃんがご挨拶した後、出演者が日替わりでトークをするのかな。
テーマは公演名とかけて「パッション(情熱)を持つものや、愛(大好きなもの)や夢について」。

私が観劇した日はりさちゃん、みちるちゃん、汐聖風美ちゃんでした。

りさちゃんのおはなし

りさちゃんが最初に手を挙げたのですが、カチャちゃんが「あら~カワイコちゃん~」と、謎のオネエ感を出してきたのがちょっとツボでした。

りさちゃんはもともとロマンチック・レビューが大好きで、今回この作品に出られて嬉しい!とのこと。
ただ心残りがあり、大きなつばの帽子をかぶれなかったそうで…。有栖妃華ちゃんがかぶっている帽子を私もかぶりたい!から、今度貸してね♡とお願いしていました。かわいい。

それを羨ましがってた天月翼さんにもきちんと「かわいいよ!」と言ってたカチャちゃんは、さすがの王子様でした。

みちるちゃんのおはなし

続いてはみちるちゃん。「かわいこちゃん二人目~」と、相変わらずオネエがいる。

みちるちゃんはめっちゃくちゃガッチガチに緊張していて、すごく懸命にこちらにこの作品ができて嬉しかった、千秋楽までがんばりたい!と伝えてくれました。

あまりの状態に、みんなちょっと心配と笑いが…。カチャちゃんも「(公演の中で)一番緊張してるんじゃない!?」と笑いながらフォローしていました。

みちるちゃんも「CSの番組でしゃべることはあるんですけど、お客様の前でしゃべるのは初めてで…」とのこと。新人公演トークでも喋っているような!?あれは司会の方がアシストしてくれるからいいんですかね。

カチャちゃんいわく、普段楽屋はみちるちゃんやりさちゃんのおしゃべりの声が聞こえるそうなのですが、この日だけはずっとシーンとしていたそうで…。さらに、二人で練習もしていたとか!
なんというか、ふたりともかわいい~!!と思わずいいたくなるエピソードでした。

風美ちゃんのおはなし

そしてこの日の唯一の男役、汐聖風美ちゃん。

カチャちゃんも「おっ、男子ぃ~!」とちょっと嬉しそう。

彼女は男役7年目(100期生なんですよね~)で、初めて舞台で軍服を着れたので嬉しい!とのこと。確かに軍服の演目ってあまりありませんでしたし、あっても出演人数が少ないシーンだったりと、なかなか難しいですよね(ぱっと浮かんだのがMusic Revolution!のスパニッシュのシーン)。

ロマンチック・レビューは宝塚の伝統が詰まっていて、それを男役として格好良くやれるようにこれからも自分を鍛えていきたいというような、非常に舞台に対して真摯で、パッションを感じるご挨拶をしてくれました。すごいしっかりしているんですよ!

89期みも感じて、よいものでした。

アンコールではカチャちゃんがちょっとだけおしゃべりを。

皆様の心にぽっこりと…

ん?とカチャちゃんを含め演者みんながざわつく。カレンさん(千風カレンさん)なんかめっちゃ助け舟だそうとしているのがわかりました(笑)

ぽっこりじゃ穴あいちゃうよね!?ほっこり?ほっこり!ほっこりしていただければと思います

と、まさかの89期みあふれる(個人的感想です)ボケが最後の最後に入り、非常にほっこりと幕をおろしたのでした。

私が観劇できるのはこの1回のみでしたが、カチャちゃんの宝塚愛と岡田先生のロマンチック・レビューのマリアージュは本当にいいものでした。

やっぱりレビューはいいものだ!

コメント