予想的中!星組さんの次回公演は「ロミオとジュリエット」!

星組
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今日(12月27日)付の発表にて、星組さんが次回「ロミオとジュリエット」を上演することが決定しましたね~!!

いやはや、以前新生星組トップコンビが決定した時の記事で「いつかロミジュリやりそう」と書いていたのですが、その予想が実現して嬉しいです(笑)。

予想的中ってのはちょっと盛ってはいますけど、まあ年末ですので大目に見ていただければ。

ちょっと人事ネタぽい部分も入っているので、そういうのがイヤ!という方はご注意ください。

スポンサーリンク

この二人は海外大作ミュージカルはやると思っていた

まあそもそも、この二人なら絶対に海外の大作ミュージカルはやるとは思っていたんですよね。

エリザはこの前月組さんでやりましたし、ミーマイはこの二人のイメージではない。
となると、新人公演で演じたことがある点、そして再演まで間が空いている点(2012年月組以降、外部での上演はありましたけど宝塚ではなかったので)からも、この二人でやるなら「ロミジュリ」だろうと思っていました。

個人的にはやっぱりね、ひっとん(舞空瞳さん)のジュリエット観たいじゃないですか~!!!!
琴ちゃん(礼真琴さん)は新人公演(映像)で観たので…(ひどい)。

演出に稲葉先生が入っている点も注目したい

個人的には、演出に稲葉先生が入っている点も注目したいですね。

海外の大作ミュージカルと言えば、やはり小池(修一郎)先生でしたが、最近では「ON THE TOWN」で野口(幸作)先生、「I AM FROM AUSTRIA」で齋藤(吉正)先生が演出をするなど、海外ミュージカルであっても小池先生一辺倒にならないようにしているのでは?と感じます。
(月組さんばっかりですが、「雨に唄えば」は中村一徳先生でしたね)

稲葉先生はまた違った演出をしてくれるでしょうし、楽しみです。
個人的には結構ファン心理というか、男役さんのかっこよさを追求してくれるタイプの演出家さんなので、どういった感じになるか今からワクワクです!

役替りはありそうな…気もする

大作ミュージカルで気になるのが「役替り」ではないでしょうか。

全ての海外大作ミュージカルで役替りがあるわけではありませんが、個人的には今回のロミジュリではちょっと役替りがありそうな気がします。

ティボルトは愛ちゃん(愛月ひかるさん)で固定かなとも思いつつ、せおっち(瀬央ゆりあさん)との役替りはありそう。
せおっちは(私個人の贔屓目も入れまして)ぐんぐん実力をつけていますし、「龍の宮物語」をしっかりと成功させているので、実力をさらにつけるためにもここを役替りにするのでは?と予想します。

そうなるとマーキューシオも役替りになるでしょう。番手的に言えばあかちゃん(綺城ひか理さん)が入ってきてほしいところですが、ここも個人的には極美慎くんも入ってきそうな気がしています。

ごくみくん(我が家では極美慎さんをこう呼んでしまっています…ファンの方すみません)は「モーツァルト!」で実力が伸びたことを内外にアピール出来たでしょうし、次期トップ候補の一人として組み込んできそうな気がするんですよね。

しかし、星組推しがすごいなと思う

いやしかし、本当に純粋に劇団の「星組推し」がすごいな、と思っています。

お披露目公演はオリジナル2本立て。

お芝居では琴ちゃんの役は「礼真」、ひっとんの役は「瞳花」と彼女たち自身を表す言葉(ひっとんは花組から来たから花が入ってるんだろうな~と思っています)。

ショーはタイトルから「Ray」と礼真琴さんを完全にアピール。「星の光線」ともう、星組は礼真琴がガッツリやったるで!という勢いを感じます。

さらに次は海外の大作ミュージカル…と、2020年、いや令和は星組で推して参る!という劇団の意思を感じざるを得ない方は多いのではないかなと思うほど。

別に星組推しがイヤとかではなく、「ああこれからは星組推しでいくんだな~」っていう程度で受け止めていますが、結構露骨だな、とも思っています。

多分2020年はだいもん(望海風斗さん)も退団されるでしょうから、次に売りたい、スター組にしたいのは星組なのだなと。

結構こういうのってプレッシャーだろうなと素人目に感じています。
いうたら琴ちゃん(とひっとん)に劇団の未来がのしかかっているようなものですから。

でもそれくらい実力があるということでしょうし、お二人には期待をバネにして羽ばたいてほしいなと思います。

>>星組公演観劇記事まとめは【こちら
>>星組関連のスカステ感想は【こちら
>>星組関連の雑記は【こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました