anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

まさかのあそこにあの人が!「歌劇 2019年7月号」感想

まさかのあそこにあの人が!「歌劇 2019年7月号」感想

▲補色なので派手ですね!

もう1週間ほど前に発売されています「歌劇 2019年7月号」。

鮮やかなオレンジをバックにした、グリーンのジャケットを着た咲ちゃん(彩風咲奈さん)が表紙の一冊となっております。

今月の「歌劇」には、まさかの予想外の方向から飛んできたボールをキャッチする羽目になる、といった内容が仕込まれておりました。

まあそれは、明日海りおさんファンなら…という前提になりますけども。

まさかの雪組「組レポ。」に降臨

各組のジェンヌさんが筆を執り、組内の微笑ましい様子を紹介する「組レポ。

その中でも非常に人気が高いのが雪組の作家、きゃびぃさん(早花まこさん)によるものでした。

私は特にちぎちゃん(早霧せいなさん)がトップ時代の組レポ。が大好きで…というかちぎちゃんが名言(迷言)連発しすぎて毎月笑ってた気がします。

 

そんな雪組の「組レポ。」に、花組トップスターのりおちゃん(明日海りおさん)が降臨!偶然きゃびぃさんと某所でバッタリ…といった内容となっているのですが、りおちゃんもちぎちゃんに負けず劣らず突然場外に玉を投げるような言動を行っております

詳しくは内容を見てね~!という感じなのですが、あの短いセリフなおの中にも彼女の「らしさ」がめちゃくちゃ出ていて、さすがきゃびぃさん!という感じです。

そしてきゃびぃさんの心中、お察し致します

 

星組さんの座談会。お芝居がめちゃくちゃ面白そう

今月の座談会は星組さん。

お芝居の座談会の内容が非常に濃くて、これは期待をせざるを得ない!という内容になっています。

星組トップコンビの二人、愛されてるな~!というのがよくわかります。

 

どの組でもコメディのお芝居は出来ると思いますが、テンポよくなんでも笑いに変えられる…そんな力量があるのは今の星組だと思っています。

とはいえ笑いに振り切っているわけでもなく、絶妙なバランス。

小柳先生はそのあたりのバランス感覚が非常にお上手な印象がありまして、絶対に失敗しない、某ドクターのような印象があるくらいです。

 

ショーは結構クラシカルな感じになるのかな?という印象も。酒井先生ですし、結構しっとりした感じかな~と予想しています。

トップコンビ二人のデュエダンが多かったり、トリデンテの場面もあるようなのでしっかり今の星組を見てください!という構成になっていそうで、楽しみです!

 

もちろん観劇に行きますが、星組さんが始まってしまうと、花組さんも近づいてくるということで…いいやら悪いやら…

 

他にもいろいろ

もちろん他にも色々あります!

月組、春海ゆうさんが書かれた「えと文」ではこの前の公演で退団された方々の「もらって嬉しかったもの」アンケートが行われていたり。

 

舞台写真は雪組さんの本公演「壬生義士伝/Music Revolution!」がメインながら、花組からは「Dream On!」が。「オーシャンズ11」の新人公演、ちなつちゃん(鳳月杏さん)のディナーショーの写真もありました。

 

ちなつちゃんは役作りなどの裏話?を聞く「聞かせて!」コーナーにも。

月組では楽屋出が遅くない方だったのに、花組では遅いから頑張って合わせた…というエピソード、可愛いです。

終演後の行動って、やっぱり組ごとにカラーがあるんですね。

今もそうなのかは知りませんが、前スカステの番組かなにかでゆうさん(真飛聖さん)が終演後にパックを必ずしていて、花組の組子みんなもパックをするようになった…というエピソードが個人的に面白くて今でも記憶に残っています。

 

そんな花組の「組レポ。」では横アリ公演のオフショットが小さくではあるものの掲載されています!要チェックや!