明日海りおさん掲載誌「MAQUIA」「With」5月号感想

グッズ・関連商品の感想
この記事は約7分で読めます。

ちょっと前のお話ですが、りおちゃん(明日海りおさん)が掲載されている雑誌「MAQUIA」および「With」が既に発売しています。

発売日前日にフラゲまでしていたのですが、まだ感想をまとめていなかったな…!ということで、今回まとめたいと思います。

スポンサーリンク

MAQUIA 5月号

退団後初のグラビア(といっていいのか…?いいよね…?)&インタビューとなったのがこちらの「MAQUIA」5月号。

付録アリとナシの2バージョンがあり(表紙も違う!細かい!)、私は付録に特別興味がなかったので、170円安くなるw付録なし版を買いました。

掲載ページは4ページ。見開き2ページにりおちゃんのアップと、簡単なテーマに沿ったトーク。
3ページ目には簡単な略歴と、退団後の生活や習慣についてのインタビューが掲載されています。

写真はとても爽やかで、退団前より少し輪郭がふっくらしたのか(それでも十分細いんですけどね…!!)柔らかい印象も。

個人的には月組から花組に組替えする直前くらいの雰囲気を感じました。髪色のせいかもしれませんね…。

次に購入したWithと比べて、現役時代に雑誌に出ていたときの雰囲気といった感じです。撮影が2月初旬だったとのことなので、退団から約2ヶ月後くらいですか。

健康法として「最終的に気持ちの問題」でしめるのが、非常に彼女らしくていいな、と思いました。

With 5月号

こちらは先出し画像のニュースも話題になった…であろう、宝塚の現役時代から関わりのあるフォトグラファー、下村一喜さんとのファッションシューティングが掲載されている「With 5月号」。

掲載ページは4ページ、3ページが写真で1ページがインタビュー(文字)メインです。

「メタモルフォーゼ」というテーマで撮影された写真は、1P目と2P目が男性らしいスーツに身を包んだショット。こちらのニュース記事に掲載されている写真を含みます。

宝塚男役トップスターから女優へ、明日海りお 華麗なるメタモルフォーゼを撮りおろし - ドワンゴジェイピーnews
3月28日(土)発売のwith 5月号に、宝塚トップスターから女優への転身をとげた明日海りおが登場する。明日海のメタモルフォーゼ真っ最中の今しか見ることのできない麗しい姿を、2014年に宝塚歌劇団百周年記念作品『エリザベート』『ロミオとジュリエット』『ベルサイユのばら』の総合ビジュアルを担当したフォトグラファー下村一喜...

3・4Pはドレスに身を包んだショットで、退団後一番女性らしいメイク・スタイルと言えるのではないでしょうか。

とはいえ、もともと彼女は男役の中でも中性的でしたので「うおおお女になったああ!!!」みたいな一種の驚きはありませんw

ただ、彼女の中で葛藤というか「こんなドレスを着るなんて…!」と恥ずかしいと思ったりしたのかな?とひっそり考えていたのですが、インタビューに掲載されている、下村さんからいただいた「設定」についての部分を読んで、「なるほど!」と思ったり。

(なるほど!と思ったのは「こういう設定なら恥ずかしいとか思わないだろうな…」って納得したからです)

どちらも掲載ページは少ない。他の部分にも興味があれば

どちらもメイク・ファッションがメインの雑誌なので、当然ですがりおちゃんの掲載ページという点で考えると、非常にコストが悪いものです。

なので、買おうか迷っている…という方は、雑誌の他の記事や特集に興味があったり「参考にしたいな」と思うものがあれば購入する、という程度でもいいかなと。

逆に、買い逃してしまってもメモリアルブックのようにまとめて本が出版される…なんてことはないので(これって本当にファンとしてはありがたい…)、なにげに希少度は高いのかも…?

こういったまとめ本が出てくれるのは、出版社が宝塚ならでは…ですね!

コメント