anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【雑記】大劇場に行ったとき、観劇以外に楽しみなことはありますか?

突然ですが、今週の金曜日にやっと!星組さんの公演を観劇します。
既に公演期間も終盤に入っていますので、どんどんお芝居もショーも深まっていることでしょう…とっても楽しみです。今年最初の宝塚観劇になります。

はてさて、タイトルにも書いたのですが、皆さんは大劇場に行った際、舞台を観るのが一番の楽しみなのは当然だとして、他に楽しみなことはありますか?

例えば「キャトルで舞台写真やグッズを買う!」…いいですよね。絶対に行っちゃいます。そして絶対に何か買っちゃいます。

宝塚の殿堂に行く!」これもいいですよね。お衣装などを間近で観ることが出来るのは本当に貴重だと思いますし、細かい装飾までバッチリチェック出来るので、私よく行きます。

お友だちと会うのが楽しみ!」…これも多そうですね。
私は基本母と観劇するため、劇場でお友達と会う…というシーンはそうないのですが、幸いにも知り合えた方にご挨拶させていただく機会もできました。

 

とまあ、さくっと考えるだけでも3つも出てきちゃいましたが、大劇場はやはり本拠地ですから、色々と設備があるのも魅力です。

かなり昔に書いた記事なのでアレですが、大劇場は色々ショップがあって楽しいので、ぜひ色々回ってみていただきたいなと思います。

 

www.maro-cyanin.site

 でも!私は観劇はもちろんのこと、非常に楽しみにしていることがあります。

 

それは、「食」!

 

大劇場でのお食事の記事もそのうち書きたいなと思っているのですが、私は大劇場で食べるのが好きなんです。
テーマパークでご飯を食べるとなんかテンションがあがる、というやつです(笑)。

特に私は「フェリエ」で食べるのが好きでして。
この前の「ICHIGO-ICHIE」もここで収録されていましたね~。
スカステオリジナル番組のロケ地?としてもよく使用されているので、非常に馴染みがある場所です。

宝塚大劇場のフェリエ

▲席数も多くてゆったりできます

※画像は宝塚歌劇HPより引用

フェリエの代表的なランチとしては「公演ランチ」と「レビューランチ」があります。

どちらも前菜・メイン・デザート(+ライスまたはパン)というシンプル設計ながらちょうどいい量です。

「公演ランチ」は、本公演の演目が変わる度に前菜からデザートまで全てのメニューが公演内容にちなんだものに一新されます。

対して、「レビューランチ」はデザートのみ本公演に応じて変わり、前菜とメインは数ヶ月程度同じ内容です。

私は「公演ランチ」の方が気に入ることが多く、本公演ごとに食べているといっても過言ではありません。楽しいし美味しい!

なので、金曜日も公演ランチにしようかな…と思っているのですが、

なんか出ていますよね。105周年のアレが。

105周年記念のすみれシチュー

▲すごい色だぁ…!!

※画像は宝塚歌劇HPより引用

この105周年記念の「すみれシチュー」!!すごいインパクトです。

シチュー自体の色もそうなんですけど、前の具もすごいインパクトある(特に星組)

左からスパムパプリカロマネスコうずら卵キドニービーンズらしいのですが…そうかあ…青いのって卵なんだあ…

さらに、シチューをごはんにかけるという、なかなか戦争が起きそうな内容にもなっているのでこれまたすごい。

私はシチューをごはんにかけない派なので、そういう点でも一歩引いてしまいます。

ネタ的には絶対にこれを食べたらオイシイ!!!(関西人思想)のですが…うーん。

値段設定も3種類もある!親切!

  • 「すみれシチュー」(単品)…1,600円
  • 「すみれシチュー」(デザートセット)…1,850円
  • 「すみれシチュー」(デザート+コーヒーまたは紅茶)…2,000円

 

デザートが250円でつく!お得!400円で紅茶とコーヒーまでつく!お得!!

でも公演ランチって2,150円…。

当日まで悩んでみようと思います。

 

■スポンサードリンク■