今日のひとこと(2020.010.27):最近初めてべーちゃん出演のCMを観ました。カワイイ!!

宝塚の殿堂(花組展示)の思い出(「はいからさんが通る」観劇時)

花組
この記事は約4分で読めます。

そういえばまだ書いていなかったな!という内容があったので、かなり前の話ではあるのですが……。

はいからさんが通る」を観劇しに行った時、一緒に「宝塚の殿堂」にも足を運びました。

そういえば、今日は大千秋楽ですね!東京は休演もなくよかったです。
休演されている生徒さんはいらっしゃいますが、次の作品には出演できるようで一安心。

話を戻しまして、当時の殿堂は「A Fairy Tale」および「シャルム!」の衣装が展示されており、いわばりおちゃん(明日海りおさん)の最後の衣装展示とも言えます。

なので絶対に行っておきたくて、最初の観劇時に行ったのを今でもよく覚えていますが、そのことを一切書いていなかったなーということで。

スポンサーリンク

入場制限なしで入れた…記憶がある

キャトルは入場制限があったので、もしかしたら殿堂もそうなんちゃうかな?と思っていたんですよね。

しかし幸いなことに入場制限なく入れたので、ゆったり楽しめました(多分、人数が多かったら制限する形になっていたと思います)。

「A Fiary Tale」

お芝居「A Fiary Tale」のお衣装が中心。エリュは3種類あったかな?

衣装の展示って何がいいかっていうと、近くで見られることで細かい装飾をジロジロとチェックできることなんですよね!

葉脈のようにスパンコールが入っていて、めちゃくちゃ美しくないですか?

なかなか舞台では見られない部分も楽しめるのが殿堂のいいところですよね。

こちらは白エリュ。ベルトには白いバラが…なんて可愛いの!天使!

愛猫もしっかり展示されておりましたよ。

今回写真はご紹介していませんが、メインキャラクター(ニックくらいまで)の衣装が展示されていました。

「シャルム!」

ショー「シャルム!」はトリデンテ衣装の展示のみでした。確か。

やっぱりご贔屓の写真を選んでしまいますね!

この衣装もレースやら細かい装飾やらが本当に作り込まれていてすごかったです。
毎回どの衣装でも思いますが、めっちゃくちゃ手間がかかっているなと……。

近くで観られた方は、2場でこういった部分もしっかりチェックできていたかもしれませんね。

感染予防対策として、羽根をつけて写真を撮ってもらえるブースはなくなっていました。

その代わりシャンシャンとフィナーレの衣装(トップスターのみ)が展示されていて、自由に観覧できるつくりに。

めちゃくちゃ写真を撮りまくりました(笑)。

だってもうこのキラキラ…何…と、語彙力がなくなってしまうレベル。

バラの葉っぱの模様はビーズで作られ、肩章やチェーンはすべてストーンで作られているんですよ!やばい。

「DANCE OLYMPIA」

現在はりおちゃんが退団し、れいちゃん(柚香光さん)と華ちゃん(華優希さん)のトップコンビになっているので、このお二人のプレお披露目公演(れいちゃんだけか)の「DANCE OLYMPIA」の衣装も展示されていました。

こちらがれいちゃんのアキレウス。クラブ?に行ったときのかな?

華ちゃん演じるブリーゼの衣装。ブリーゼのキャラ付けは好きでした。
なんだかんだ、華ちゃんってちょっと大人っぽいキャラが似合ったりするんですよね。

ポーのフィナーレで娘役とりおちゃんが絡む場面の華ちゃんの感じが好きです。

柴田先生特集

別途柴田侑宏先生の追悼特集も行われており、花組は「あかねさす紫の花」がピックアップされていました。

フォトスポットはこちら!

威圧感。

退団したりおちゃんのパネルも作ってもらっててラッキー!って感じでした。

どっちのバージョンもいいのだ。いいのだが、Aが好きだ

今は遠方からは来づらいですが…

現在は新型コロナウイルスの影響で、なかなか遠くの地域から宝塚まで来るのは大変、という方も多いかと思います。

しかしこの殿堂はやっぱり大劇場ならでは!という部分ではあります。
(建物全体も正直東京と比較するとやっぱり大劇場の方がいいなあと思っちゃいますけども、規模的に)

行きたかったけど行けなかった方も多いかなと思い、全身写真はほぼないですが(なんとなく気が引けてしまう)、自分的に萌えたポイントの写真を使わせていただきました。

月組さんの殿堂も行っているので、またそちらも書けたらなーと思います。

 

>>花組公演観劇記事まとめは【こちら
>>花組関連のスカステ感想は【こちら
>>花組関連の雑記は【こちら

コメント