【花組】「マスカレード・ホテル」キャスト別感想1(瀬戸・朝月)

花組
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

本日は花組「マスカレード・ホテル」のキャスト別感想!トップバッターは主演のお二人です。

この作品は演出の谷先生がプログラムにも書かれていたように、ほぼこのお二人が出ずっぱり、喋りまくりでした。
本当に大変だったと思いますが、二人の関係から見る事件や各エピソードがうまくまとまっていて、とっても観やすい作品になっていましたのも確かです。

本当に「奮闘した」という言葉がとっても似合うお二人について、より細かく感想を書いていきます。

瀬戸かずやさん(新田浩介役)

あきらくん(瀬戸かずやさん)、本当に最初から最後まで出ていないシーンのほうが少ないと断言できるほど、ずっと板の上に立っている、そんな印象でした。

ともすれば集中力が途切れてしまうこともありそうですが、当然そんなことはなくきっちりとやりきる、これは彼女自身の努力の結果であり、かつ長く宝塚で演じている経験があるからこそできたことだなと感じます。

お芝居について

役作りは映画版の木村拓哉さんを参考にしたと公言されている通り、髪の毛を切るまではちょっとキムタク風?な髪型になっています。
ちょっとレトロな雰囲気なんですけど、それがまた格好いいんですよね。宝塚的というか。
宝塚ってレトロな部分が結構ありますけど、そこがまたいいってところも多いですよね。

髪を切ったらいつもの(?)あきらくん!という感じで、ホテルマンの衣装もバッチリ似合います。
背が高くスタイルもいいので、スーツとはまた別の魅力がありますね。
…とはいえ、劇中でブルーのスーツを着ているシーンがあるのですが、そこは格別でした。本当に格好いい!

長台詞も多く、かつテンポが早いシーンも多いので色々と苦労されたかと思いますが、しっかりと乗り切った手腕には拍手を贈りたいです。
声も聴きやすいですし、歌唱シーンはそんなに多くはないですが、さすがの安定感でした。

フィナーレについて

そして、フィナーレのずっと踊りまくりな流れ…。

失礼ながら学年も上の方なので、あれだけ踊ったりさらにリフトが入っているのはかなり体力的にハードなのではないかとちょっと心配している部分もあるのですが、私がみた2回はどちらもしっかりと踊りきられている(疲れた様子はない)ので、体力づくりにも気を遣ったのかなと感じました。

れいちゃん(柚香光さん)がトップスターとなり、2番手として、そして現在の花組の最上級生(組長・副組長を除いて)としてきっと彼女の中にも新たな決意というものがあるのだと思います。

今回の作品では、それを強く感じることができました。

朝月希和さん(山岸尚美役)

このお話のもうひとりの主役といっても過言ではない、ひらめちゃん(朝月希和さん)。
花組へ戻ってきてからの最初の作品ですが、さすが過ごした時間が長い場所。
見ている方も「ひさしぶり~!」という感じでした。

お芝居について

強い信念を持つホテルマン役ということで。ひらめちゃんはどちらかというとぽわぽわっとふわふわっとした印象のお顔だと思っているのですが、ハマっていましたね。
普段のぽわっとした雰囲気はどこへやら…!かなりキリッとされていて、芯が強い女性ということがその表情からも伝わります。

姿勢もきれいで「敏腕ホテルマン」という肩書に立ち方・居方で納得させてくれるのはさすが。
セリフは結構抑揚がしっかりとついていて、多少芝居がかっている感じがあるかな?とも思いますがこのへんは好みの範疇だと思います(というか実際お芝居なので別に気にならないかと)。

歌はかなり高音の部分もあるのですが、「ファントム」を経験したひらめちゃんには全く問題がなかったようです。声量もきちんと出ていて「おお~~~!!」と思いました。

あきらくんとのデュエット曲が好きです。新田刑事は犯人を見つけなければいけないためまやかしとかそういう単語が入っているんですけど、山岸さんはやさしい風って歌ってたり(これあきらくんの部分の歌詞なんだったか…)、性善説というか、ポジティブイメージの歌詞になっているんですよね。

ひらめちゃんもあきらくんに負けないくらいのレベルで出ずっぱりだったので大変だったと思いますが、こちらも雪組での経験をいかしてしっかりとやりきった!という感じがしました。

フィナーレについて

ひらめちゃんの出番は多分、そんなにない…はず?

最後のデュエダンくらいしか出ている印象がない…!!のですけど、白いドレスが似合っていて「ああ~~花娘~~~」と思わず言いたくなるこの感じ。伝わるでしょうか。

あきらくんとのデュエダンは品があり、寄り添い、大人っぽく!とても良いものです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました