今日のひとこと(2020.08.04):更新予定だったけど間に合いませんでした……今日は宙組さん観劇してきます!

意外とアッサリ。花組「はいからさんが通る」チケット友の会先行販売の感想

花組
この記事は約4分で読めます。

「宝塚友の会」会員限定のチケット先着順販売が一般販売に先駆けて行われました。

友の会に加入している皆様は、無事にチケットを入手できたでしょうか?

正直私は「どうなることやら……」とかなり激戦を予想していたのですが、その結果は意外なものでした。

スポンサーリンク

予想を覆してあっさりと繋がる

席数が半減」というインパクト大!な情報が事前に出たため、かなりの争奪戦になるであろうことを予想しおののいていました。

「そもそも販売ページまで繋がるかもわからんな~」といった気持ちながらとりあえずチャレンジしてみると、あれあれ……と意外にもスルスルと繋がり、希望していた日のS席をあっさりと購入できました。

その後、昼過ぎにもう一度チェックしてみるとまだS席が購入できる日もあり。

これまでからしたらかなり状況が変わっているんだな……と改めて思わされたのでした。

個人的に考える5つの影響

個人的に今回「あっさりと繋がって、しかもある程度チケット枚数に余裕がある」状況となっている理由は5つあると考えています。

遠征する方の大幅減少

普段であれば、東京や福岡といった遠方からも遠征して観劇に来られる方も多いと思います。

しかし現在は新型コロナウイルスの影響が大きく、特に現在感染者が少ない地域の方は、関西方面に来ることがためらわれるのではないかと思います。

飛行機や新幹線などで長時間密閉に近い空間にいることになりますし、駅など人の往来が多いところで万が一ウイルスをもらってしまったら……という不安の気持ちも大きいでしょうし。

また、東京の方は現在感染者数が増えていることもあり、「行きたいけれど我慢」している方も多いでしょう。

職業柄避けていたり、年配の方と一緒に住んでいるから……という理由も十分に考えられます。

1枚しか購入できない

宝塚のファンの方って、かなり横のつながりが強いイメージがありますので、1枚しか購入できないことが大きな影響を与えているんじゃないのかな……と感じました。

もちろん何回も購入すればたくさんは買えるんですけど、「宝塚を観てみたいな」というお友達のために購入するというのはちょっと難しい印象があります。

公式にも「ご本人の観劇前提で」という但し書きがありますしね。

スポンサーリンク

チケットが散っていない

今回の販売ルートは潔く「宝塚公式」のみ。

カード会社やその他旅行会社、プレイガイドなどでのチケット販売はしていません。

普段どれだけ他社にチケットが回っているのかは全く知りませんが、座席が半減しても自社ですべて持つことで、本来よりもチケットをしっかり確保できている可能性もあるんじゃないかな……と感じました。

配信があるので安心

今回は座席数も少ないため、Rakuten TVとひかりTVによるライブ配信があります。

「宝塚を観てみたいけど、新型コロナが心配」という方や「遠征したいけど、リスクを負いたくない」という方に配信はピッタリと言えるのではないでしょうか。

交通費もかからず、自宅でゆったりと観られるのは大きな魅力ですよね。

ただ、自分で好きなところを観られるわけではなくカメラさんの御心のままになってしまう点はありますが……。

「どんなかたちでもいいから公演を観たい」という方も多いでしょうから(特に地方在住の方)、配信は本当にユーザーとしてありがたいです!

なんとか落ち着いてくれればいいのですが……

いうて、現状の感染者数が右肩上がりなことで不安な方も多いでしょうし、まだまだこれまでのようにはいかないのかな、とも感じています。

とはいえ、楽しみな気持ちの方が大きいです!(もちろん体調は万全に、ですが!)

今日のタカラヅカニュースではさおりさん(高翔みず希さん)、れいちゃん(柚香光さん)、華ちゃん(華優希さん)が稽古場のお話をしてくれたりと、着々と再演に向かっている感じがしますよね。

れいちゃんが「十分お休みを頂いたので」と言っていて、そうだよな~ジェンヌさんはそんなに長いおやすみをもらうこともないよなあと思いつつ、さらにおやすみをもらったとしても外に出られない状況だと、ストレスも溜まるでしょうね……。

その分舞台で爆発してくれることを期待したいです!

公演をやってくれることはとっても嬉しいですし、1回ではありますが劇場に行く予定なので、体調を崩すことがないようにしっかりと管理しつつ、出演者やスタッフの皆さんの健康もお祈りしつつ過ごしたいと思います。

コメント