anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【星組】寂しいよりも楽しいが残った「GOD OF STARS-食聖- / Éclair Brillant」千秋楽LV感想

寂しいよりも楽しいが残った「GOD OF STARS-食聖- / Éclair Brillant」千秋楽LV感想

星組トップコンビ退団公演「GOD OF STARS-食聖- / Éclair Brillant」の宝塚大劇場千秋楽ライブビューイングを観てきました。

お盆明けの平日ということもあり、行きたいけれどどうしても仕事等の都合で…という方も多かったのではないかと予想しています。

簡単ではありますが、感想を…。

 

公演について

千秋楽なのでアドリブもポイントに挟まっていて、楽しいものでした。

個人的にはアイリーン(綺咲愛里さん)の父親ミッキー・チョウを演じる天寿光希さんとホンを演じる紅ゆずるさんのやりとりが印象に残っています。

満漢全席の材料を探すために小林寺を去ることになり、「おっさん行くぞ~」と紅さんが声をかけ、それに対し「おっさんって言うな!」と天寿さんが返すのがいつものやりとりなのですが…

千秋楽は「なんて言われようとおっさんはついていくぞ~!」みたいな感じでした。

ふたりともずっと星組で、紅5でも一緒で、トークリクエストDXで天寿さんは紅さんをリクエストするほどの仲。こういう絆を感じるとじーんと来ますね…。

 

あとはカメラなので普段あまり注視しない部分が映っていたりして、違った楽しみが出来ます。

リー(礼真琴さん)がクリスティーナ(舞空瞳さん)に対してええかっこしいしたくて歌うところ(ドラゴン・リーになるところ)って結構ひっとんが細かく演技してるんだな……とか。

オペラよりもアップで映ることも多いので、細かい動きもしっかり見えますし、劇場では入らない後ろの小芝居の音が入ることも。こういうのを楽しめるのはライブビューイングの醍醐味だなと思います。

 

ショーについても同様なのですが、「ここいいところなのに~~!!」なところを映してくれなかったり、カメラワークが一部ひどかったり(突然の引きから突然のアップでガクガクに見えるなど)、最近のライブビューイングではそんなことなかったのに……なマイナス点が出てたのは気になるところです。

今回、2階席にもカメラを配置したようなので、それの影響かな?

 

サヨナラショーについて

やはり思い出も強いのか、「スカーレット・ピンパーネル」からの曲が多かったですね。あーちゃんのマルグリットもキレイでした。

そして紅子ちゃん!紅子ちゃんが大劇場に~!!

いうてもサヨナラショーでこんなコント(失礼)できるのは彼女だけでしょう。

「宝塚のトップスターとしてどうなの」という意見も出てきそうではありますが、彼女のスター性がとめどなく出ている部分でもあると思いますので、個人的にはアリですアリ。

なんかね……紅子ちゃんが本当に宝塚好きなんやなって思うので可愛くて可愛くて。

 

どうしてもサヨナラショーは楽しいんだけど寂しい、という気持ちになってしまうのですが、選曲も楽しいものや前向きなものばかりで、最後はアナワで締め。

寂しいけど楽しい」形で終わらせるのは、彼女の強い気持ちを感じました。

 

ご挨拶などについて

思ったんですけど、最近退団の時の挨拶って短くないですか?

私が勝手に「挨拶は長いもの(校長の挨拶的な)」と思ってるだけかもしれませんが。

ライブビューイングとかで都合もあるのかな。

 

さてそんなご挨拶ですが、なんで!

なんで!なんでれんれん(如月蓮さん)の時だけ返事から笑いがおきるの!!わかるけど!!(笑)

私、星組の男役さんで一番好きなのが彼女で密かに応援していたんですが、最後の最後までれんれん!って感じで本当に可愛かったです。

なんだろう、子犬みたいですよね。口も大きくて、元気いっぱいで。可愛い。

こんな子が研16なんですよ。可愛い。

 

トップコンビのご挨拶は涙まじり。

紅さんは泣くやろうなって思ってたのであれですけど…(笑)

挨拶の内容に関しては割愛しますが、諦めずにやってきたからトップになれた、というのは非常に力強い言葉だと思いました。

 

成績がよくてもトップになれるわけではないですし、逆に成績が悪いからといって絶対にトップになれないわけでもない…それは、歌やお芝居、ダンスといった「歌劇」に必要な素養の他にも「スター性」や「キャラクター」といったものが加味されるからでしょう。

私は彼女のことについて詳しくないので見当違いなことを言っているかもしれませんが、彼女はたしかに成績自体はよくなくても、チャンスを与えられたという「幸運」はあったと思います。

もちろんその幸運をみすみす見逃すか、なんとしても前髪を掴むかはまた別の話で、彼女は成績が下であっても努力を続け、チャンスが来た時に必死で、むしるくらいの勢いで前髪を掴んでいったのだと思います。

宝塚は厳しいところなので、そもそもチャンスという幸運を与えられないまま退団される方も多いです。

その中で、私は紅ゆずるというタカラジェンヌはチャンスを貰える幸運があった……と思っています。=努力していない、と言いたいわけではありません、もちろん。彼女はトップスターになってからも努力されていたことはよくわかります。

今後、下級生の中でそんな「チャンスという幸運」を与えられる子は出てくるでしょう。その時に、彼女のように前髪をむしるレベルで掴んでほしいなと思います。

 

……と、なにやらうだうだ書いてしまいましたが、一番ぐっと来たのは、紅さんがあーちゃんに対して言った「一緒に戦ってきたのがあーちゃんでよかった」です。

本当にこれは相手役冥利に尽きるだろうなと思いました。そりゃあーちゃんも泣くよね。

 

まだお二人は東京公演、その前にディナーショーとミュージックサロンも残されています。

バタバタに予定が詰まっていて退団どころじゃない!という感じかもしれませんが、体調を崩すことなく最後まで走り抜けてほしいですね。