anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【花組】笑顔で見送れて幸せでした「A Fairy Tale/シャルム!」千秋楽LV感想

笑顔で見送れて幸せでした「A Fairy Tale/シャルム!」千秋楽LV感想

ついにこの日が…(すでに昨日ですけど)!!ということで、「A Fairy Tale-青い薔薇の精- / シャルム!」宝塚大劇場千秋楽、ライブビューイングを拝見してきました。

「流石に千秋楽は大号泣しちゃうかもしれん」と思っていましたが、涙ホロリであとは大体笑ってた…という、なんとも晴れやかで爽やかな?千秋楽になりました。

きっとたくさんの方がライブビューイングを拝見したと思いますので、だいたいの部分は省略しつつも思ったところメモ、という感じで。

>>花組公演「A Fairy Tale/シャルム!」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから

本編は「いつもの」だった 

この見出しだとちょっとけなしてるんじゃないの!?と思われる方もいるかもしれませんが、違います!

千秋楽というのはやっぱり気持ちが違ったり、感情が入り込みやすいタイミングであるもの。しかも今回はトップスター退団なのですから、組子ちゃんたちのの感情も相当なものになっているのでは?と思っております。

正直お芝居のラストなんて、れいちゃん(柚香光さん)泣いちゃうんじゃないの?なんて思ったりもしていました。

だけど普通だった、本当に普通だった。それが個人的にはすごいなって思ったんですよね。

中の人の感情が役に出るのは当たり前のことで、だからこそ「演じる」と同じ人物でも差異が出てくるものです。

だけど中の人を大きく出すことなく役として生き続け、千秋楽に至るまでの道をしっかりと整えてきた皆さんが、なんとも素敵だな~…と思ったのです。

ショーも同様で、皆さん本当に素敵でした。でも「ケ・サラ」が良かったな~良かったな~。

 

サヨナラショー、豪華過ぎない!?

そしてサヨナラショー。いやこれ、内容豪華すぎません!?

毎日新聞様のこちらの記事にセットリストが掲載されているのですが(親切ゥー!)

mainichi.jp

この錚々たるラインナップ!いや~…りおちゃん(明日海りおさん)の歩みが分かる!素晴らしい!

最初エリザを歌ったときに「あれ、喉が…?もしかして調子が?」と心配になったのですが、いやはや杞憂でした(でも気力で持ち直したのかなとも思ったりしています、彼女はそういうタイプだと思うので)。

やはり外せない「宝塚幻想曲」や、柴田先生を偲んでであろう「新源氏物語」からの1曲、そして私にとって思い出深い「金色の砂漠」…。

あきらリーチェがなんとも可愛いw「CASANOVA」。バルビ神父が再登場したのも嬉しかったです!東京で待っててね!!

やっぱりカサノヴァの隣には、彼がいないと。

退団する4人娘ちゃんたちとしっかり絡むのもGoodです!さすが!

 

そして次期トップコンビの二人とは「ポーの一族」から。

またエドガーさん呼んじゃいましたね…(恋アリ特別番組並の感想)。やっぱりエドガーは高めの声なんだなと改めて思いつつ、すぐにエドガーに戻れるりおちゃんに「相変わらず(魂)降ろしてるなあ」と思いつつ。

アランは精悍になってましたね。お兄ちゃんみたいだった。

 

華ちゃん(華優希さん)とのデュエットは水車の歌。

ちょっと過激なことを言ってしまいますが、私はサヨナラショーに華ちゃんとのデュエダンは別にいらないと思っていました。1作だけの関係ですし、れいちゃんと組むのがメインとして決定された子なのかなと思っているので。

華ちゃんがキライとかではなく、歩んだ時間が少ないのでどうなのかな(一緒に踊れる演目あるのかな)という感じでした。

が、あの曲によってエドガーとメリーベルという関係性を思い起こしつつ見せてくれたデュエダンは、まるでお兄ちゃんに甘える妹を見ているようで、それを温かく包むお兄ちゃんを見せてくれたようで。とても素敵なデュエダンだなと思いました(手のひらくるくるくるー)。

 

いやいやしかし、内容が豪華すぎて。「別箱のフィナーレ以上だな!」と思わず言いたくなるくらいでした。

しかし最後の最後で歌うタイミング間違えちゃうところ、最高にりおちゃん。

 

メッセージにホロリと来る

ご挨拶のお着替え中、りおちゃんからの退団メッセージをさおりさん(高翔みず希さん)が読み上げてくださいます。

丁寧にやってたらお芝居が好きだと思ってもらえるんだな」という思わずこれ言って大丈夫なのか!?という内容をぶっこんできたり、研1の時の「なみだ橋えがお橋」の丁稚さんの役で「数ページ(だったかな)カットされた」と裏話が暴露?されたり…と泣くというより笑いの方が大きかったんですけど…

2017年の「Sante!!」で乾杯を踊った時、トップスターとして祝われてもいいと思えた

というメッセージがさおりさんの口から語られたとき、どれだけこの人は…と涙が出ました。

また、花組に来てからより素晴らしい舞台をという気持ちが強くなり、「組子からしたら私はゆるいというより厳しいという印象の方が強いかもしれません」と…絶対それはないやろ!と思いつつ、ここでも涙が。

私の涙ポイントはここでした…。

 

ご挨拶とお花渡し

退団される方々のご挨拶。

皆さんとっても美しくて、晴れやかとしていて…皆やりきったんだろうなあというのがわかって。こんな美しい娘役さんと一緒に退団出来るりおちゃんは本当に幸せもの。

特にあかりさん(白姫あかりさん)はりおちゃんの名前をご挨拶にもカーテンコールでも出してくれて…。そういえば「Delight Holiday」のときにとうさんがダッフィー買ってた!ってバラしてたのあかりさんだっけかな?仲良し!

 

りおちゃんが燕尾で降りてきたとき、少々映画館で興奮してしまいました。

というのも、母とどっちか?と予想していて私は「エンビじゃないの?」と言ったのですが、母は「宝塚が好きだからこそ正統派で袴なのでは?」という反論でして、めっちゃ納得したんですよね。でも燕尾だった!花組男役だからかな!とかテンションが爆上がりしました。(東京では袴をはかれるそうですね)

りおちゃんへのお花渡しは当然だよね!という感じのだいもん(望海風斗さん)で。ちょっと長話?してて笑ってしまった(実際笑い起きてましたよね)。

何を言ってたのかめっちゃ気になっていたのですが…サヨナラショー後の会見でちょっとだけ明かされていますね。

digital.asahi.com

あやちゃん、可愛いな~~!!!

意外と(と言っては失礼ですが)クールなフェイスのだいもんの方が情に深くて、やわらかフェイスのりおちゃんの方がドライなイメージがあるんですよね。

こういう言葉を聞くと、一生の戦友に出会えたんだなと胸が熱くなります。勝手に

タカラヅカニュースでお花渡しの部分も放送されていて、りおちゃんも「やろう」「いいよ」って言っているように見えました。

 

いつも通りすぎて、それが嬉しい

りおちゃんのご挨拶はいつもどおりで。ほんといつも通りすぎて、それが嬉しいです。

とっても爽やかな笑顔で、見送られるって幸せ~!と楽しんでいて私も安心(?)。

あの笑顔を見て「ああ、この人は宝塚でやりきったんだな」と思うことが出来ました。もちろんもっともっと作品を見たい気持ちはありますが、それはこちらのわがまま。

それに、彼女は自分が決めたことであればどれだけ困難であってもそれを成し遂げようとするめちゃくちゃ頑固なところもありますし…そう決めたならついていくのみ!です!

 

そんな感じで、涙よりも笑って楽しむことが出来ました。

本当に晴れやかで、清々しい気持ちになりました。

私の大切なご贔屓、明日海りおさん。

そして一緒に退団される華やかな花娘の芽吹幸奈さん、白姫あかりさん、乙羽映見さん、城妃美伶さん、宝塚大劇場ご卒業おめでとうございます。

 

>>花組公演「A Fairy Tale/シャルム!」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから