【花組】色々てんこ盛りだった「DANCE OLYMPIA(LV)」感想(1幕)

花組
この記事は約5分で読めます。

花組新トップスター・柚香光さんのプレお披露目公演「DANCE OLYMPIA」をライブビューイングで見てきました。

1幕が50分で休憩30分、1幕が1時間5分と他の公演に比べて短い設定になっている公演時間を見て「はて?」と思っていましたが、観て納得しました。これは確かにこの公演時間でないとしんどいわ…と。

スポンサーリンク

1幕はストーリー仕立ての…ほぼ芝居?

1幕はストーリー仕立てのダンスショー…という感じだった気がしますが、ほぼお芝居かなと思います。
朝日にめまいを起こしたアキレウスが現代のマンハッタンに来てしまい、夢のような一夜を過ごす…というストーリー。

私はれいちゃんの開演アナウンスの「1幕 Grand Journeyを…」ですでにツボにハマってしまいました。なんだよGrand Journey。確かに偉大な旅だろうけどさ!!

みんな色々似合う

ギリシャ時代のアキレウスれいちゃんは、本当にこういうのが似合うよね~~!!と言いたくなる感じです。布がちょっとテオドロス様っぽい。
そしてベルトにライオンがいるんですけど、「これはこの子のお腹はライオン並(に食べる)ってことかしらね」と勝手に解釈しました。
本当に、れいちゃんもゲッソリ痩せましたね。ご飯もっと食べて。

そしてマンハッタンに飛ばされるわけですけど、そこで踊ってるのがマイティー(水美舞斗さん)・ひとこちゃん(永久輝せあさん)・ほのかちゃん(聖乃あすかさん)。これまた似合う。

私がびっくりしたのがというか、毎度びっくりしてるんですけど、ほのかちゃんがまた良くなっているような気がする…個人的な意味合いで必ずほのかちゃんはチェックしているんですが、艶っぽい印象がありました。

ひとこちゃんはクソガキ系でよい。これはよいものだ。マイティーもまとめ役というか、ぐっと大人っぽくなった気がしますね。頼れるアニキになってきたといいますか…。
まあ1幕もそうですが、2幕もめちゃくちゃ活躍していたのでさもありなん。今後の花組の主柱(のひとつ)になることは間違いないでしょう。

タイムスリップした偉人はオーディションに連れ込まれる

愛聖女」でもそうだったんですけども、タイムスリップした偉人はオーディションに連れ込まれるのが宝塚様式なのでしょうか??

いや別にいいんだけどさ。オーディション受けても。実際受けたのはマイティーだけだったし…。

そこで出会ったのが、ギリシャのプリンセスに酷似している華ちゃん(華優希さん)演じるブリーゼ。
華ちゃんはなんといいますか、横アリとりおちゃん(明日海りおさん)の退団公演で度胸がついたのか、れいちゃんよりもずっと大人に感じられました。
もともとお芝居自体は成熟した大人っぽい印象(声も実は低めですよね)がありますが、れいちゃんを包むような印象でした。姉さん女房だったっけ!?と思っちゃうくらい。

多分これがふたりとも同時就任だったらこうはなっていなかったと思います。
やっぱり経験って人を成長させるし、余裕をもたせてくれるんだな…と今回の華ちゃんを見て思いました。

楽しそうに踊るれいちゃん○

ダンスショーでれいちゃんが主役ですから、もちろんダンスシーンはたくさん!

あの白サルエルはよく似合うな~可愛いな~。私の中でれいちゃんはバリバリ現代顔なので(まあ現代人だし…)、現代の服がよく似合いますね。
プライベートやGRAPHなどでは拝見しても、板の上で観られる機会はそうそうないタイプの衣装で、ファンの方からしたらたまんねー!だったのではないでしょうか。

楽しそうに踊っているれいちゃんは可愛くて、魅力全開!という感じですね。
1幕は一切歌うこともなく、声も殆ど出してはいませんでしたが(別に演出としてそれはいいと思うんですけど、私がれいちゃん贔屓だったらもうちょっとなんかやってほしいと思ってしまう)、その分ダンスで表現!という感じだったのかな。

華ちゃんとのダンスも素敵だったし、リフトが難易度高そうで…。軸が安定しているので不安は全くありませんでしたが、結構腕大変やろうな…と思いました。

あとは、心の声がかなり素直過ぎて笑いました。
アキレウスってこんなキャラだったかしら(キャラ付け自体がいい悪いではなく、こんな可愛い高校生~大学生少年みたいな感じだったかな、という意味で)…と思いつつ、ギリシャ神話の神々ってだいたいロクなもんじゃないから可愛いもんやなって思い直しました。

>>花組公演観劇記事まとめは【こちら
>>花組関連のスカステ感想は【こちら
>>花組関連の雑記は【こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました