今日のひとこと(2021.01.20):上の広告がウザくてすみません…消す設定をしたので、近々消える予定です!

広辞苑並の本体&クリアポーチをチェック!「ロミオとジュリエット」Special Blu-ray BOX開封感想

グッズ・関連商品の感想
この記事は約4分で読めます。

実は購入自体はしていたのですが、書く機会を逃していた…!!

さらに、検索でたまにこのBOXのことが気になる!という方が当ブログにいらっしゃっるようなので、記事にしてみました。

多分、内容(特典映像)が気になる方のほうが多いやろうな…とは思いつつ、きっと「あの」ポーチも気になるはず!wということで、今回は外観を中心に開封した感想を残したいと思います。

スポンサーリンク

外観はこんなかんじ。

スペシャルBOXは本体(ブルーレイ+ブックレット)と特典のポーチにわかれています。

左がブルーレイBOX、右がポーチBOXです

ブルーレイBOXはサラサラのマット加工が施されているので、手触り○。高級感もあります。

ポーチが入っているBOXはクラフト紙なので、耐久性は低めかも。あくまでポーチをまとめる箱、という感じでしょうか。

それでも写真からは見えませんが、側面にもきっちりプリントが施されているので丁寧な仕事をされているなと感じます。

スポンサーリンク

とりあえず分厚い!

ブルーレイBOXで驚くところは、やっぱりこの厚さかなと思います。

威圧感がすごい

広辞苑くらいの厚さを想像していただければ、あながち遠くはないかなと(笑)。

厚みのある青色部分は本公演(トップスター及び準トップスター主演の公演)で、赤色部分は新人公演(雪・月・星)のディスク及び特典映像のディスクが収められています。

また、ブックレットも赤ですね。

写真では少々分かりづらいのですが、青と赤のサテンのリボンで止められています。

これを解いてディスクを出すのですが、一回ほどいたら同じようには結べなさそう…という一点において、まだ中身を見れていません(笑)。

スポンサーリンク

気になるポーチの作りをチェック!

それでは、特典である「歴代ロミオのスペシャルクリアポーチ」(正式名称こうやったんか)をチェックしてみましょう!

でっかい箱に入ってはいますが、厚みのあるポーチではないので、開封時は箱が潰れないようにボール紙による枠が入っていました。

写真がこれまたちょっと分かりづらいのですが、ひとつひとつビニールに入っています。

ビニールはかなり薄めで、キャトルで販売している舞台写真のビニールくらいと思っていただければと。

とはいえ、きちんと裏には糊付けがしてある(すぽっと抜けるわけではない)ので、こういった細かい心配りは嬉しくなりますね。

そこそこ高さはあるけど、厚みはなし。

1個取り出してみましょう。

ここはやはり、ご贔屓のものを使うしかない!!しかし、なんでこのシーンを切り取ったのか非常に謎です。もっといいとこあったやろ。

比較対象に「歌劇」を置いてみました。

マチはないので、物が入るかと言われると非常に微妙です。物は入れずにコレクターズアイテムとして持っておいてね、くらいの気持ちなのかもしれません。

裏面はこのように美しい模様が描かれています。今回サンプルが月組さんなので黄色ですが、演者が星組さんの場合は青、雪組さんの場合は緑です。

厚みがないのがわかりますね…

 

初回特典CDも綺麗につくられている

もう初回特典は終了してしまったようですが、私は発売日の2ヶ月ほど前に予約をしていたため、バッチリゲットできました。

入っている模様はポーチと同じです

あくまで特典のため、本体&ポーチの箱とは別に添付されてきました。

正直もうちょっと簡素な感じになるのかなと思っていましたが(パッケージが紙製とか)、意外にも…と言っては失礼ながら、美しく上品なピクチャーレーベル仕様になっていました。

前も書いた気がしますが、わたしはみりちゃぴの「エメ」信者のため、それが入っているだけで死ねるなという気持ちです。

まだ内容をしっかり見てないのであれですが

まだ内容(主に特典映像部分)をしっかり観ていないためあれですが、コレクターズアイテムとしての作りはしっかりしているように感じました。

ブルーレイBOX本体もしっかりしていますし、やっぱり見ていて「可愛いな」「ロミジュリぽいな」と思えるのは大事なことかなと……。

ポーチは実用性で見ると正直微妙ではあるものの、他では手に入れられない(手に入れにくい)アイテムなので、そこに価値を見出すなら…!という感じですね。

せっかく購入したので、特典映像部分を近いうちに見て、また感想を書けたらなと思っています。

コメント