今日のひとこと(2021.04.11):今日は雪組さん千秋楽、だいきほラストデイですね……もちろん観ます!

【月組】美園さくらさんMS「From SAKURA」ライブ配信感想。MCとパフォーマンスのギャップ萌え。

月組
この記事は約6分で読めます。

昨日はライブ配信で美園さくらさんのミュージック・サロン「From SAKURA」を観ました!

私が観たのは昼の部のみですが、いやはや……やっぱりさくらは面白いな!

ふしぎパワーを十分に受けまくって楽しい気持ちになったミュージック・サロンでした。

スポンサーリンク

最初からポスター衣装で出るやん。かわいい。

I AM FROM AUSTRIA」のメロディに乗せてショーがスタート。

出てきたさくらは、最初からポスター衣装!かわいい!足細い!というか身体全部細い!!!

ソロで1曲こなしたあと、ありちゃん(暁千星さん)、毬矢ソナタくん、瑠皇りあくんも加わり「Alcadia」。私の中でありちゃんとさくらと言えばこの演目です。

その後もう1曲さくらがソロで歌ったあとにMCがスタート。

MCのテンションがおかしすぎて好き。

いや~、「みなさ~~~ん!!!」ってテンションが面白くて、最初からフルスロットルなの、好き。

NHKの子供向け番組見てるのかな?

しかもまた声がよく通るんですよねえ。美声ですよね、さくらは。

東京ではショーのみになったものの、こっちでは食事も提供できる本来のミュージック・サロン形式で行えたことや、オンラインお茶会をした時に、肝心なときだけ自分の通信環境が悪くなってしまう話など……今思えば結構色々詰め込んでお話していた気がしますね。

とりあえず最初のテンションの高さが面白すぎて、あんまり覚えてないです。

すでにふしぎパワーでてきてる。

スポンサーリンク

過去の出演作メドレー……かな?

MC後は「ON THE TOWN」のナンバーを男役陣3人で。

続いて衣装変えをしたさくらが登場し「雨に唄えば」……と、彼女のトップ娘役就任直前~直後くらいのナンバーが続きます。

ありちゃんが歌い継ぎ、さらに衣装替えをしたさくらが登場。格好いいパンツスタイル!黒のダメージジーンズがよく似合ってます。

娘役さんのパンツ姿は結構レア!と感じる私にとっては、嬉しいサプライズでした。

その姿で「I AM FROM AUSTRIA」より、エマのソロ曲を。

しっとり下雰囲気になった……と思いきや!IAFA2幕でおなじみ、エアロビ曲がスタート!4人で歌って跳ねまくり。もちろんスペシャルゲストは、パブロ・ガルシア!

めっちゃおもろい「下剋上MC」

そのままMCに突入したのですが、なんと「下剋上MC」!

その名前の通り、学年が逆(下級生ほど上級生に)になってしまうMCコーナーとのことで、えーめっちゃおもろいやんその企画……。

さくらがありちゃんに対して、「卒業が決まったのにずっと冷たい!!」と文句を言っていたのが可愛くてですね。

さすが1個上の1番さん……とでも言うのでしょうかね。ありちゃんは自他共に厳しいみたいですからね……。

その割にえと文でたまきちにはデレデレやけどなあ

スポンサーリンク

まさかの入団するまでストーリーが始まるやん

MC後はありちゃんが1曲歌った……あと、まさかの!まさかの「美園さくらが入団するまでストーリー」が始まり。

これって星組の人がやるものなのでは!?(偏見)と思いつつ、楽しませていただきました。

感想としては、さくらってスペック高いですねえ……。数学できるのが羨ましい。

声優さんになりたいと思っていたのはちょっと意外でした。声キレイだからなれるんじゃないかなあ。

そして「海外映画の吹き替えみたい」って自分で言ってて、あっ自覚あったんやって思いました。

私はそんなさくらの節回し、好きです。

新人公演コーナー。思えば結構組んでたのね!

男役3人が歌うベルサイユのばら(貴重……)に乗せてでてきたアントワネット様なさくら。

とはいえ、「ベルサイユのばら」ではなく「1789」のアントワネットでした。

そういえば新人公演で主演をしていたな!と。ありちゃんもロナンをやっていたし、本公演ではフェルゼンでしたから、なるほど納得。

下級生二人の「夢現無双」を経て、さくら&ありちゃんの新人公演主演組で「エリザベート」より、「私が踊る時」。

うんうん、これ新人公演で見たやつ~!!

さくらのシシィはめっちゃ強そうな印象があります。ちゃぴ(愛希れいかさん)のシシィも強かったからかな。

2曲目は「私だけに」。これ、マイティー(水美舞斗さん)のDSで見たやつ~~!!!

みんな歌いたいですよねえ、エリザはねえ。

ガラコンの影響かめっちゃ歌われてる感ある

スポンサーリンク

さくらクイズ&さくらメドレー!メドレー超よかった

最後のMCは、男役陣3人による「さくらクイズ」。

どうやら内部でも変わっているジェンヌという認識が定着しているようで(そりゃそうか??)、そんなさくらの「ちょっと変わった」エピソードを3択クイズにし、観客の皆さんに答えてもらうという企画。

この回のクイズは「入団発表の時にさくらが取ったビックリ行動」。

回答は「自分の番号を見落としていて、そのまま帰った」なのですが、ほとんどの皆さんが正解していましたね。確かまくっす先生のマンガにも掲載されていたような気が……。

ありちゃんも「一人だけ(来るの)めっちゃ遅かった子がいたけど、多分あの子ですかね」と言っていて、さすがの一期上よ。

本科生の時にさくらに「一緒に写真を撮って欲しい」と頼まれたものの、予科生は笑ってはいけないので、無表情なさくらが横にいる写真になっちゃった、というエピソードも。

途中、さくらが声だけで「昔から(私)可愛かったですよね!?」と圧かけてきてたのめっちゃおもろかった。

1期違いって色々エピソードがあっていいですよね…

ラストは「さくら」メドレー!こういうの超好き

MC終了後、さくらがソロで1曲。

そして始まったのが「さくら」メドレー!

日本には「さくら」をモチーフにした曲がたくさん。それらをぎゅっと凝縮したメドレーになっていて、これがまた楽しいのなんの。

コブクロさんの「桜」、森山直太朗さんの「さくら(独唱)」といった王道曲の中にゲーム「サクラ大戦」の「檄! 帝国華撃団」が入っていたり(お兄さんの影響かな?)。

J-POP、演歌などなど様々な「さくら」の曲を聴かせてくれて、お腹いっぱい!な感じでした。

「檄! 帝国華撃団」のイントロが入ったときはびびったわよ

パフォーマンスとMCのギャップを楽しむ、いい時間でしたね……

ジェンヌさんはMCになると可愛くなる方が非常に多いので(女の子だしね)、だいたいパフォーマンスとMCにギャップが出ることが多いのですが、さくらはほんまに高低差がすごくて。

最初のテンションは完全にヤバかった。

しかし歌い出すと全く別人のように格好良くて、キレイで、のびのびと歌っているのを見ると、「まだまだやれるのになあ」と惜しい気持ちが出てきちゃいますね。

さくらは決して派手なお顔のつくりではないものの、金髪が非常に似合っていて、舞台(宝塚)向きっていうのも自分の中で大きいです。

スタイルもめっちゃいいし……。なのにふしぎちゃんなところがまたよき。

退団作品となる「桜嵐記」でまた新たな魅力を魅せてくれることを期待しつつ、今後の卒業番組でまたふしぎな部分が見られるかな?という部分も期待しつつ(笑)。

5月を楽しみにまちたいと思います!

ショーでバキバキに歌う、踊るさくらも楽しみ!

 

 

その他月組に関する記事はこちらから!
月組公演記事 月組雑記記事 月組テレビ感想記事

コメント