anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

【花組】Delight Holiday 感想その4 プログラムに沿って振り返る:3【ネタバレあり】

ありがたいことに時間があるので、さくさくと更新を…。

長々と書いてきました「プログラムに沿っての振り返り」は今回でラストとなります。

S6~S9までの4つの場面について、全体的な感想を書いていきます!

f:id:maronie:20181212140201j:plain

今日のリースはみれいちゃん(城妃美伶さん)です。カワイイ!!

 

Homeの後のみりゆきトーク

S5からS6の間に、Homeを歌い終わったりおちゃん(明日海りおさん)とゆきちゃん(仙名彩世さん)のMCが入ります。

りおちゃんの「礼(男役ボイス)」から始まるこのコーナー、毎回内容が違いますし、これまでの話のネタも入ってくることもあり「どうしてもっとチケットを取っておかなかったのか…」と後悔された方もめちゃくちゃ多いのでは?(私もそうです

日替わりの内容はまた別途まとめたいと思いますが、私が観た回の場合は

  • 前日にディズニーに行ったんだ~な話
  • バラの国の王子の話(とモノマネ)
  • ゆきちゃんのカワイイ幼いころのホラーな思い出
  • 春の雪のプログラムに対するゆきちゃんの熱量

などなど、どれもこれも面白かったというかゆきちゃんがただの明日海りおオタクみたいになっていて非常に共感が持てる内容でございました…。

非常に頭の回転よく、さかさかとりおちゃんからお話を引き出そうと頑張るゆきちゃんはとっても可愛くて…本当にいいお嫁さんだなあと感じます。

S6 Delight World

ほんわかMCの後は、ディズニーメドレーです!

ちょっと記憶が怪しくなっているので、抜けているものがあるかもしれません…すみません…

どこまでも ~How Far I’ll Go~(モアナと伝説の海)

最初はみれいちゃんのモアナ!ディズニー全然詳しくない自分でもまだわかるやつ!

海をイメージした水色と青のドレスがとてもキレイ(ちょっとファンタジアみある)で、みれいちゃんが愛らしくて、歌い上げはとてもしっかりとしていて本当に実力がある娘役さんだと改めて思います。

A Whole New World(アラジン)

そしてみりゆきのアラジン!宝塚GRAPHの連載「mit」でも「アラジンを歌いたい・歌ってほしい」という会話をしていた二人。

自分も含め「聴きたい~~!!!」と思っている方はとても多かったでしょう。

それがこんな形で叶うとは!嬉しい!

お衣装もまさにアラジンとジャスミン!ビジューがいっぱいついていてめっちゃゴージャス!!二人ともとってもよく似合っていて、観ているだけで幸せな気持ちに…。

絨毯を思わせるセットもいいですよね。

さらに、歌い終わった後くみさん(芽吹幸奈さん)と交代でハケていくのですが、その時に腕を組みながらスキップして手を振ってくれるお二人が、か、かわい~~~!!!!

大学以来TDRには行っていませんが、行った気分になれました。ありがとうみりゆき。

袖に入る時にゆきちゃんをさりげなくエスコートするりおちゃんも男役~!!って感じで萌えです。

A Spoonful of Sugar(お砂糖ひとさじで)(メリー・ポピンズ

くみさんと愛らしい下級生たちが歌うのは「メリー・ポピンズ(の楽曲)」。

私全然知らなくて「砂糖とかいってるからアリスかなあ」と思っていたのですが、教えていただきました!

くみさんのお歌めっちゃ好きなので、今回の公演で沢山聴けて幸せでした~!本公演でももっと歌ってほしい方の一人です!

くみさんが着てはったドレス、BGのものに似てるなーとひっそり思ってました。どうなんでしょうね?

リメンバー・ミーリメンバー・ミー

ちなつちゃんが歌うのは「リメンバー・ミー」。

映画観たことないんですけどすごくいい作品だった!というのはよく聞きました。

ちなつちゃんのキレイに伸びる高音に驚き。もともと歌が上手いとは知っていましたが、ここまでとは…!

苦しそうではなくさらりと歌い上げてしまうところが最高にクール。

it's a small world(小さな世界)

この曲もしかしたらリメンバー・ミーの前かも…という点で曖昧ですごめんなさい!

皆でほんわか歌うこの曲大好きです。

楽曲自体も素敵ですし、やはり小さい頃から聴いているというのはそれだけで思い入れがありますよね。

Go the Distance(ヘラクレス

りおちゃんが歌う曲、もちろん知りませんでした!

最初「ライオンキングかな…」って思ってたんですけど歌詞の感じから「もしかしてヘラクレスでは?」と思い、先述したメリー・ポピンズだと教えてくれた方に「あれはヘラクレスですか?」と聞いたら「そうですよ」と回答を得られたのでちょっと嬉しかったです(すごいどうでもいいやつ)。

多分メインテーマなのかな?ディズニー映画は本当にどれもこれもテーマ曲がすごく素敵ですよね。

この曲も曲名を調べるにあたって歌詞も読んだのですが非常に前向きで素敵な内容でした。りおちゃんのヒーロー度が上がる!(?)

ブラウン系の落ち着いた大人っぽい衣装がまたいいですね。

Let it go(アナと雪の女王

歌劇の座談会にも話題として出ていた、ゆきちゃんのレリゴー!もちろん期待しかありませんありません。

りおちゃんとクロスして登場するのですが、ちょっと見つめ合うのがいいですね…このときのりおちゃんは目線強いんですよね、なんでだろ。

このシーンのゆきちゃんは本当に美しく、そして強い。

普段のほんわかした雰囲気と、いつもりおちゃんを見てニコニコしている可愛らしい部分ももちながら、非常にしなやかで強い娘役としての魅力も持ち合わせているのは、本当に「流石だなあ」と思うしかないレベルです。

ラストがりおちゃんではなくゆきちゃんという点も個人的に素晴らしい采配だと思います…。

S7 Delight Holiday

エルザもといゆきちゃんがステージを去った後、はんてんを着たくみさん、あかりさん(白姫あかりさん)、みれいちゃんがやってきます。

結局ホリデーの予定が決まったのはゆきちゃんのみで、オーロラを見に行ったはいいがくみさんの元に届いた写真にはオーロラが写っていないというオマケつき。

最終的には、わざわざどこかに行かずとも、家族や大事な人と過ごすホリデーも悪くないよね…という結論に。

そう話す3人の空の上には雪が…。

この4人の寸劇(と言っていいのかな…)は毎回楽しんでいました。

基本台本通りではあるものの、この4人という組み合わせにめちゃくちゃ味があっていいんですよね~。

私が観ていた範囲ではくみさんが一番(アドリブで)遊んでらして、可愛かったです!

クリスマスソングメドレー!

雪が降ってきた…と思ったらそこから一気にクリスマスモードへ。

円になってせり上がってくる組子たち、衣装も白く、ロウソクを持ってまさにクリスマス!

コーラスも人数が少ないのにとても厚みがあって「花組が好きでよかった…」と改めて感じさせてくれました。

そこからはワンフレーズずつくらいのクリスマスソングメドレー。新旧取り混ぜつつも、「クリスマスといったらこれだよね!」といった曲が沢山。

(個人的にはちなつちゃんでラスト・クリスマスが聴きたかったな~なんて)

このときの皆の衣装がまたカワイイんです~本当に。白と金という色合いで、華やかながらも上品。

特にゆきちゃんのドレスがとっても可愛くて!

下に履いているインナー?がドロワーズなんです!もうこれだけで可愛すぎる!!!

ターンをしているときにチラリと見えるドロワーズの裾のフリルがたまりません。お人形さんみたいでカワイイ~!!

ゆきちゃんが歌う「ママがサンタにキスをした」の後、りおちゃんの登場。

その時に組子がみんなりおちゃんが出てくるところ…なんといえばいいのか、ステージ後方中央(すごいわかりづらいですね)に集まって、りおちゃんを見つめるんですよ。

フィナーレの大階段をトップさんが降りてくるときに組子のみんなはトップさんをみつめるじゃないですか。それですそれ。

そして歌うのは「Happy X'mas(War is Over)」。

曲ももちろんいいのですが、組子の皆がりおちゃんをニコニコして見つめていて、りおちゃんもそれに応えていて、さらに皆で盆の外周に円形になって立って歌いながら回るっていう演出がとてもとてもとても良くてたまりません(一息)

千秋楽で「アンフィシアターという場所は【和(み)】をここにぎゅっと集めてくれるような場所だった」とりおちゃんが語っていましたが、私はこのシーンでそれを感じていました。

コンサート自体は非常に楽しくテンションがとても上がる内容でしたが、ここでしんみりと「ああ、素晴らしいものを観せてくれているなあ…」と改めて深く感じさせてくれて、本当にありがとう…と伝えたい…。

S8 Delight Duet

 そして、「星に願いを」をBGMとしたデュエットダンス。

 りおちゃんとゆきちゃんはコンビを組んで、もうすぐ2年。

コンビとしての長さは確かに短いものの、かたや研16、かたや研11とタカラジェンヌとしてはベテランの域にいるといっても過言ではありません。

なのになのに!どうして毎回こんなに二人のデュエダンは初々しく可憐なのでしょうか…。

 確かにショーの途中で踊るようなデュエットダンスはセクシーであったり、大人っぽいものも沢山ありました。

しかし最後のデュエダンはいつまでも初々しさを忘れない、なんとも温かい気持ちに包まれるものばかり。そしてそれが最高に大好きなんです…。

二人の雰囲気や表情が作る技なのでしょうか、今回のデュエットダンスも本当に素敵でした。しかし語彙がない

あ、中ではポーの一族はちょっと大人っぽいかもしれないですね。でもあれもめっちゃ好きです。

S9 Delight Finale

二人が手を繋いで去った後は、ちなつちゃん中心にフィナーレへ!

皆さんコンサートT+ブラックデニムパンツ+首タオルというカジュアルなスタイルでいらっしゃいます。

皆足ほっせ~!!!

と思いながらペンライトを振ってキャッキャしました。楽しい。でも流石にタオルアクションは出来ませんでした…。

一通りでぃらいとしたらゆきちゃん、りおちゃんが登場。

りおちゃんは本当にお体が細い上に、ごっついスニーカーを履いているので「あっこれは○ッキーさんだ」と思わざるを得ない。

最後ハケていく時のりおちゃんも本当に可愛くて…

12/6の15時公演はVISAカードの貸切だったのですが、ハケるときに花組ポーズとともに「VISA!」という、とってつけたような貸切感を出してくれました(好き)

…と、ここまで書いてきましたが、次回はキャスト別か日替わり内容のまとめを書こうと思います。

宝塚関連のコンサートに行ったのは初めてで(映像はスカステなどで観たことがあります)、とっても刺激的かつ満足度が高すぎるものだったので熱量が我ながらすごいことになっておりまして…ちょうど忙しさが落ち着き始めたこともあり、できるだけ更新して行きたいなと思っております。

まだ宙組さん、雪組さんなどの感想も書ききれていないので、年内完結?を目指してがんばります!