anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

星組さん新トップコンビ(礼真琴さん・舞空瞳さん)発表。バチバチしそうで楽しみ

星組さん新トップコンビ(礼真琴さん・舞空瞳さん)発表。バチバチしそうで楽しみ

本日、星組さんの新トップコンビが発表されましたね。

なんか…早くないですか?こんなもんだったかな?だいきほの時はもっと遅かったような気がするんですが…。まかまどのときはどうだったかな…。

 

ま!それはさておき!星組さん新トップコンビの発表ですよ~!!

…とはいえ、多くの方々の予想通り。

男役トップスターは現在2番手の礼真琴さん(研11)。

娘役トップスターは花組から組み替えとなる舞空瞳さん(研4)となりました。

 

まあねえ、ひっとん(舞空瞳さん)はもう組み替えが突然きた時点で多くの人が「あっ…」ってなったでしょうし。

華ちゃん(華優希さん)が花組のトップ娘役になるって決まった時点で、ひっとんはどこか別の組でトップ娘役になるんだろうなとも思いました。

それがこんなに早いとはちょっと予想外でしたが…。

 

実力派コンビで色々楽しそう!

ただ、この二人の組み合わせ…こっとんコンビ(可愛いですよね、この呼び方)。

右を向いても左を向いても実力が高いので、難度が高いお芝居やショーでも何事もなくこなせそうな感じがします。

 

「歌劇」には色々な要素があり、パフォーマンス面(芝居・歌・ダンス)だけではなく、その人自身のカリスマ性や華やかさも必要で、「実力が高ければそれでいいわけではない」という難しい部分もあります。

しかしこの二人は実力もあり、それぞれに違ったカラーの華やかさがあるので「とりあえずなんでもいいからこの二人が出る舞台を観てみたい」という気にさせてくれます。これ大事。

 

実際、お披露目公演もちょっと難度高そうな作品じゃないですか!モーツァルト!
この作品は僕こそミュージックな方ではないんですかね…?
でもドーヴ・アチアさん作曲とあるので曲めっちゃよさそう。

個人的にはそのうち「ロミオとジュリエット」の再演をしてくれるんじゃないかな~…なんて期待しています。主演の二人、どちらも観たい。

 

ひっとんがどこまで食って行くかに期待しちゃう

私はひっとん大好きなので、ひっとんがどこまで琴ちゃん(礼真琴さん)に食いついていくか、食っていくかに期待してしまいます。

ひっとんは可憐な容姿を持った娘役さんですが、ショーの時など結構相手役さんに対して挑発的というか、バチバチとした感じで見合っているので…そこがまた好きなんですけど!

学年差が6つありますが、ぜひたまちゃぴの二人のようにバチバチガリガリやりあってほしいなと思ってしまいます。そういうのが大好きなのです

 

ただね、やっぱりね…

ひっとんのトップ娘役就任は組み替えの時点で決まっていたことでしょうし、彼女に全く罪はありません(決定権というか拒否権とかなさそうじゃない?という)。

けど、どうしても「若すぎる」という声は出るだろうなと思います。私もそう思います。もちろんひっとんは研4とは思えないくらい実力がありますし、今抜擢されるのも納得ですが、その上で。

 

色々名前を挙げたらキリがないのであれですが、実力などが申し分ないのにトップ娘役という立場を逃してしまった方々にも、キラキラした場所を与えてほしいな…と、勝手ながら思ってしまうのです。

けどゆきちゃん(仙名彩世さん)という前例が出来たり、トップではなくとも自分の地位をしっかりと確立しているはるこちゃん(音波みのりさん)といった存在もいますし…。難しいところですけれども。

 

もちろん私はひっとん大好きなのでひっとんの就任は嬉しいですし、バリバリ応援していきますよ!

花娘でなくなってしまうのは残念な気持ちはつきませんが、星組で思いっきりオラオラしてくれればいいなあと思います。

BGの客席降りで、ひっとんが私の前で踊ってくれてハイタッチもしてくれたことは本当にいい思い出です。可愛かったなあ…。