NHK 宝塚スペシャルラウンジ「トップスターの魅力」感想。ガチ勢多い…!

花組
この記事は約5分で読めます。

録画していたNHKの「宝塚スペシャルラウンジ」を観ました!
こんな記事まで書いて、気合を入れていたのに…1回目~3回目までは録画をし忘れてしまいまして。

なんとか録画が出来たのが「トップスターの魅力(花組中心)」からでした。これはひとえに「花組ならりおちゃん(明日海りおさん)でるやろ!!」という執念のたまものですね!

というわけで、今回は「宝塚スペシャルラウンジ トップスターの魅力」の感想をざざっと書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

想像していたよりもゲストが豪華!

番組説明には「宝塚が大好きな芸能人の方をゲストに迎え…」と書かれており、具体的にどなたがゲストなのかは全くわからなかったのです(毎回ゲストが変わる可能性もありますし)。

今回は俳優の高橋英樹さん、タレント・歌手の高橋愛さん、そして女優であり元花組トップスターの真飛聖さんがゲストでした。
「あっこれは結構ガチっぽい」と感じたのは私だけではないはず…(実際皆さんガチですし)。

想像していたよりずっとゲストの方が豪華でした。だって高橋英樹さんって…!大御所やん!!

りおちゃんの退団公演の映像が中心

今回は花組が中心ということでしたが、本来の放送時期がりおちゃんの退団公演中だったのでしょう、「A Fairy Tale / シャルム!」の映像が中心でした。

まだそんな時間が経っていないのに、本当に久しぶりにテレビでりおちゃんの映像を観た、そんな気がします。そして相変わらず可愛い。

映像と共に宝塚用語の解説もされており、今回はトップスター絡みということで「0番」「デュエットダンス」「ナイアガラ」の3つがピックアップされていました。
デュエットダンスの部分は、ゆきちゃん(仙名彩世さん)との「地上1センチの愛」な「BEAUTIFUL GARDEN」のデュエダンが放送されました!本当これすごかったな…。

また、元トップのゆうさん(真飛聖さん)が出演していることもあり、彼女がトップスターに就任した時のエピソードや、退団公演時の気持ちなども色々お話してくださっていて、とても興味深かったです。

デュエダンについてもコツといいますか娘役との呼吸が大事であること(二人にしかわからない共通の掛け声的なものが生まれることがあるそう)や、娘役がいてこその男役であることなどをお話されていました。

高橋愛さんが完全にガチ勢トークで面白い

中でも、高橋愛さんが完全にガチ勢トークで面白かったです(笑)。

りおちゃんの退団公演もわざわざ宝塚まで観にこられたそうで、お芝居もショーも絶賛されていましたね。

お芝居について「本当にいいお話で、退団されてしまうけれど忘れなくてもいいんだ、心にずっと残しておいていいんだという気持ちにしてくれた」と、まさにファン!なお言葉を。

ゆうさんも「華ちゃん(華優希さん)のセリフや歌詞がファンの気持ちを代弁している」と解説してくれていました。まさにそのとおりです…!!

スポンサーリンク

りおちゃんのエピソードや印象の話も

高橋英樹さんはこのシーンがどうこう、というよりは長く宝塚を観劇されているからか、りおちゃんのキャラクター性(タイプ)について触れられることが多かったですね。
でも的確と言いますか、言っていることが「そうそう!わかる!」と頷くことばかりだったので、りおちゃん時代の花組も観られていたんだろうなとわかりました。
(一言目が「フェアリータイプの正統派」だからなあ…!)

ゆうさんは、りおちゃんとのエピソード(ってほどでもないかな?)も話して下さって。
会う度に細くなっていったけど、その中にはあのキレイな顔からは想像出来ないくらいのパッションが詰まっていると。
「まさに花組のトップスターといえる」と、すごいお褒めの言葉を頂いてました(まあ、テレビだからね!)。

久々に観られて満足しました

変な話ですが、久々にりおちゃんが観られて満足しました。

コメント映像などは一切出ておらず、舞台映像での出演(?)のみなのですが、本当に久々にお会いしたような気がして。

年末に放送されたものですが(さらに8Kではもっと前に放送した内容ではありますが)、お年玉をもらったような気持ちになりました。
残り2つも録画を観て何か書ければなと思います。

>>花組公演観劇記事まとめは【こちら
>>花組関連のスカステ感想は【こちら
>>花組関連の雑記は【こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました