ちょっと気になる…月組新人公演配役

月組
この記事は約4分で読めます。

少し前の公式発表になりますが、4月4日に月組「ピガール狂騒曲」の新人公演、その他配役が発表されました。

キャスト | 月組公演 『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
月組公演 『WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』のキャストをご紹介します。

その中で、ちょっと気になることがあり…。

スポンサーリンク

天紫珠李ちゃんはなんの役もつかないの?

気になったのはじゅりちゃん(天紫珠李さん)でした。

じゅりちゃんは現在研6で、男役さんから娘役さんに転向した後、娘役3~4番手あたりで活躍してきました。

エリザベート」ではマデレーネ役を演じ、「夢現無双」では新人公演ヒロインをつとめ、その後轟悠さん主演の「チェ・ゲバラ」ではヒロインも演じています。

私は彼女が娘役に転向した直後は「これはトップ娘役候補だな!」と確信していました。もともとじゅりちゃんが好きなこともあったんですけど。

まあ、正直現在はちょっと不透明かな…と思わずにはいられないのですが、それにしたって、まさかの新人公演で配役なし、というのは大きな違和感があります。

どうして配役がないのかちょっと推察

私はこういうのから「もしかして~」を推察するのは非常に苦手なのですが…

  • 特別理由なし(配役の関係で、合うものがなかった)
  • 組替えをするので配役がなかった
  • トップ娘役になるから

くらいしか思いつきませんでした。貧弱ゥ。

特別な理由なし

特別な理由がないって一番どうしたらええねんって感じですけど…。

ただ、じゅりちゃんは番手がある子(だと思っている)なので、全く役がつかない、ということは考えづらいかなと思っています。

しかし、同期の結愛かれんちゃんも配役にないので…。この線もアリ得るのかなあと思ってしまいますね。

逆に14年入団の研7の方々は出ているのに…(あと16年入団の研5の方々も出ている)。

組替えをするから

自分で思いついておいてなんですけど、公演の途中で組替えをするなんてありえないのでこれはないでしょう。

仮に組替えがあるとしても、新人公演の配役は大きな影響を及ぼさない気が…しますが…どうなのでしょう…。

トップ娘役になるから

強い願望が現れてしまったかたちなんですけども。

だいたい次のトップ娘役さんになる場合、あまり派手な役つきでないことが多いです(「エリザベート」は除く…って感じですけど)。

なのでもしや!?もしやなのか~!?と思いましたが、かれんちゃんも役がついてないところを見ると、うーんなんか違うのかな…と。

かれんちゃんに役がついていてじゅりちゃんについていなかったらこの線も結構ありえるのでは!?と思うのですが。

それともこの二人のどちらかになるのか!?うーん…難しそう…。

もっと若手を起用したいのかな?と思わせる配役ぶり

まあ、今回のじゅりちゃんに限った話ではないんですが、配役をみるにかなり若い世代を重視して使いたい傾向にあるのかな?という感想です。

娘役さんに転向して、それこそトップ娘役レースに参戦したといってもいいらんぜくん(蘭世惠翔さん)ははーちゃん(晴音アキさん)のお役と、しっかりと芯を持ったキャラクターであろう(想像ですけど、はーちゃんは技術がある分キャラが立った役が多いので…)ところに配置されていますし。

とはいえ娘役2番手、くらげちゃん(海乃美月さん)の役は、「出島小宇宙戦争」でも愛らしかった菜々野ありちゃんはらんぜくんと同期ですね…。

やっぱわかんねーな!(投げっぱなし)

コメント