今日のひとこと(2020.010.27):最近初めてべーちゃん出演のCMを観ました。カワイイ!!

【雪組】タカスペみを感じるコーナー…「NOW!ZOOM ME!!」(2020.09.18&19)感想(2幕)

雪組
この記事は約5分で読めます。

「NOW!ZOOM ME!!」、AパターンとCパターンをライブ配信にて視聴しました。

昨日は1幕の感想でしたが、今日は2幕の感想を書きたいと思います!

千秋楽はきぃちゃん(真彩希帆さん)出演日でしたので、どのシーンで出るのかな?とワクワクしていましたが…まさかあんなタイミングで出るとは、正直思わなかったです(笑)。

スポンサーリンク

2幕最初はタカスペみを感じる内容

2幕の最初は、「106年雪組アヤナギ先生」。金八先生のパロディが突然始まります。本当に突然

翔ちゃん(彩凪翔さん)はバリバリの関西人ですし、こういったことは楽しんでそうなイメージ。相方に選ばれたのは愛すみれちゃん。

この子も結構バチバチの関西弁でしゃべっていたのですが、普段は標準語のイメージがあるので「出身なんか、演技なんかどっちなんや!?」と調べたら関西出身でした。やりますわね…。

「雪組の悲劇がもし喜劇だったら」というテーマでドリフ風味の小芝居がスタート。
なんていうかこう、非常にタカスペみを感じる内容ですね……。
恋アリで言えば運動会のシーンと彷彿とさせるアレ。

途中で挟まれる歌との落差がひどい。だいもん(望海風斗さん)はいい声してるわほんまに。

きぃちゃん登場。だいもんとのデュエット多し!

そして、なんともタカスペみが深いドリフが終了したら、突然のきぃちゃん。

だからさ、高低差がおかしいから

名曲「誰も寝てはならぬ」を歌ってくれました。ミューサロの続きを見ているようです。2分ほど前のことは忘れました。

そして2曲目はなんと「塔の上のラプンツェル」から「輝く未来」。

こ、この曲は恋アリでみりはなの初デュエットとしても使われたアレ…サイトー先生、なんかかぶせすぎてないですかね……?

だいもんがせり上がってきて登場。いや~この二人のデュエットは安心しますね。聴いていてうまいな~とかじゃなくて安心する(上手いのは前提なので…)。

だいもんいわく「ゆめゆめしいデュエットは初めてだから(表情を作るのが)大変だった」とのことで。ご本人いわく「だいたい苦悩してる」ということで…そういえばそうかもしれない…。ショーではそんなことない気がするんですけども。

とはいえすぐに「○○では違ったやん!」と言えないところが悲しい。

Aパターンでは若手ちゃんたちの歌い継ぎコーナーになっていた記憶がありますが(これはこれでよきだった~)、そこがきぃちゃん枠になった、という感じですね。

Bパターンは観ていないのでわかりませんが、多分ここの枠が違うのかな?と予想しています。

スポンサーリンク

宝塚の代表的な海外ミュージカルデュエットも

だいもんの「Music is My Life」の弾き語りなどの後はトークを絡め、再びきぃちゃんとのデュエット。

ここではなんと代表的な海外ミュージカルの2曲が!

ME AND MY GIRL」と「エリザベート」からそれぞれ1曲ずつ。これらもきぃちゃんのミューサロで出てきた作品だったので、ミューサロとコンサートの融合感が強かったですね。

しかしみんな、だいきほでこういったミュージカルの曲を聴きたいんだな~ということが強く感じられるリクエストだなと。そりゃ上手いから聴きたいですよね。

ファントムは歌わなかったんやな~とは思いましたが、いうても本公演で十分歌ってるしね…(版権的に難しいのかな?って思ったんですけど、ドリフでちょろっと歌ってたし関係なさそう)。

リクエスト曲~フィナーレへ

その後はチームだいもん(この日は翔ちゃんチーム)とのトーク。

リクエスト曲について、デュエット曲が多くてなかなか詳しく語れなかったとのこと。やはりだいきほコンビの美声は唯一無二。二人で歌っているところがみたい!という方が多いのかもしれないですね。

テーマトークはざっくり言うと「だいきほ」だったんですけども、確か日和春磨くんだったかな?「真彩さんのことを(だいもんが)『まあやちゃん』というのがツボ」という子がいて、なるほどな~!わかるわ~!!となりました。

(同期にはなつこと呼ぶお人もいましたね…)

だいもんが恥ずかしくなっちゃうくらいに仲の良さ?を褒められたあとは、リクエスト曲の中から選ばれた3曲を歌唱。ライブ配信のときはどれも同じ曲だったので、公演中はこれが固定なのかな?

その後はわっしゃわっしゃとフィナーレへなだれ込み。

ライブT(コンサートT)でみんなが出てくると「あ~コンサートやな~!!」という気分になれてとてもいいですね!

みんな肩口にジップがカスタムされていて、着替えやすさとデザインの両立かな?と邪推してみたり。「Delight Holiday」ではりおちゃんが「(着替えやすいように)背中にジップがついている」と言っていたので、そういう工夫なのかな~とつい見ちゃいますね。

今回は背中にだいもんのイラストが入っているし、ジップをつけるにつけられなかったのかな…とか(笑)。

ラストはみんな正装?ミリタリー衣装で登場。きぃちゃんにも衣装があってびっくり!似合う!可愛い!最後に「Z」のポーズがうまくできてなくて「あ!間違った~!!」ってなってるきぃちゃん可愛い!!!2回目にはちゃんとできたきぃちゃん可愛い!!!

と、きぃちゃん可愛いBOTになってました。

アンコールのご挨拶では思わずだいもんもホロリ。やっぱりこの状況の中舞台に立てるってきっとすごく尊いことなんだろうなと思いますね…自分もブログで何度も同じことばっか言ってる気がしますが。

みんな元気で楽しくやってくれたら観てるこちらはそれで大満足だよ!という気持ちです。

東京公演も頑張って…!!

>>雪組公演観劇記事まとめは【こちら
>>雪組関連のスカステ感想は【こちら
>>雪組関連の雑記は【こちら

コメント