今日のひとこと(2021.10.10)今日からマドモアゼル・モーツァルト上演ですね!水曜日に観劇予定です。

【雪組】「Fire Fever!」感想|予想よりは激しくない!?見どころも多く安定な一作。もう一声もアリかな?(ネタバレあり)

雪組
この記事は約8分で読めます。

お芝居の感想につづいて、ショー「Fire Fever!」の感想です。

稲葉先生……お披露目……激しいダンス……これは「宝塚幻想曲」の再来か!?と(謎の)期待をして臨みました。

スポンサーリンク

全体の感想

全体としては安定の稲葉先生、という感じ。

遊び心が含まれたシーンもありつつ、お披露目の二人の魅力を多角的に描いていて「安心して観られるお披露目ショー」といった印象です。

ただ、今回の雪組トップコンビはそもそもの安定感がすごいので、もうちょっと遊びの部分があっても全然軸がズレるようなことはなかったんじゃないかな?とも。

そういう意味では「まだまだこんなものじゃない!」という、雪組のパワー自体を感じ取れた作品と言えるかもしれません。

スポンサーリンク

好きなところ、いいと思ったところ

それでは好きなところ、行ってみたいと思います!

プロローグの衣装も曲(メインテーマ)も好き

プロローグの衣装は結構賛否両論ありそうな気はするんですけど(笑)、私は好きです!

特にひらめちゃん(朝月希和さん)がパンツスタイルなのもいいなーと。

あの頭はなんなの!?って感じはまあありますけど、それぞれが松明っぽい感じでフィーバーしてていいんじゃないでしょうか。

何より曲に合ってるなと感じます。メインテーマ、なんというかアフリカンロックみたいなイメージでとても好きです。グラウンディングできそう。

ひらめちゃんはプロローグ以外にも火の鳥のシーンでパンツスタイルを披露していて、娘役さんにしてはパンツスタイルが多いな?と感じたんですけど、それがまた他の娘役さんとの差別化になっていていいな~!と。

学年が上だからこその多彩なスタイル、何を任せても大丈夫という安心感。

全員のラインダンスは華やかでよき!

咲ちゃん(彩風咲奈さん)以外全員が娘役となって行うラインダンスは壮観でした!

衣装がゴールド×ピンクで可愛いのもいいですね。

咲ちゃん、あんまりピンクなイメージはないんですけど似合ってました。やはりスタイルは正義なのか。

これは2階席から観るとまた違った印象で絶対にいいと思いますので、機会があれば2階からもぜひ。

演出が「シャルム!」に類似している点が多いので、2階から観る価値は絶対にあります。

あと、わかっちゃいたけどやっぱりあやなちゃん(綾凰華さん)は可愛かった。よう似合ってますわ……。

あーさ(朝美絢さん)が咲ちゃんとひらめちゃんの間に割って入ったとこは笑ってしもうた。

若手のシーン、嬉しいね!

しっかりと若手のシーンがあるのも個人的には嬉しいところです。

中心となるのはあがたくん(縣千さん)。いやもう彼女は強い。強すぎる。

この舞台上の押し出しの強さは本当にスターですね。

個人的には希良々うみちゃんが今回、お芝居でもショーでも活躍してくれていて嬉しいです!

スカイフェアリーズ……じゃなくてスカイ・ナビゲーターでしたっけ。あれにも就任されたので、今後注目が高まってくれるといいなあ。

デュエダンの衣装が素敵すぎる

デュエダンの衣装めっちゃ素敵じゃないですか!?繊細!!

ひらめちゃんの髪飾りも可愛くてよき~~!!母曰く「源氏パイ」でしたけど。源氏パイ型、可愛いよね!

どちらかがどちらかを待つのではなく、二人が揃って降りてきて同時にスポットライトが当たる演出、っていうのもすごく素敵。

咲ちゃんはひらめちゃんに「横に並んで一緒に歩いてほしい」と言ったそうですが、まさにそれを体現した演出だなと感じました。

個人的にうーんと思ったところ

個人的にうーん……とまで思ったところは正直ないです。

それだけまとまってますし、そつがない作りになっている一作だと思っております。

退団する方々へのはなむけとなる場面もしっかり入っていますし、見せ場もあって満足度○。

なので「あえて」という感じになりますが……。

思ったより激しくない

ひどい話ですね!

事前の稲葉先生のお話とか、「歌劇」の座談会によると、かなり激しい感じという印象がありまして、「これは宝塚幻想曲の再来やろ!」と喜んでいたのですが、個人的にはそこまでではなかった……かな……。

歌劇 2021年 08 月号 雑誌
宝塚クリエイティブアーツ
¥900(2021/08/11 15:11時点)
たまさくのサヨナラ特集もあります

というか、やっぱり「さくら幻想曲」がおかしすぎるだけなんだなって思いました。

シンプルな黒燕尾がほしかったかも

男役群舞はシルバー系の格好いいお衣装で、咲ちゃんの都会的なイメージに合っていて素敵です。

なのですが、個人的にはお披露目ですし、シンプルな黒燕尾でのスタイリッシュな男役群舞が欲しかったな~、と思っちゃいます。

結構私は形式にこだわるタイプのようなので、最初は王道を行ってほしい!という気持ちがあるのかもしれません(笑)。

咲ちゃんのスタイルなら絶対に黒燕尾でも都会的になるので、ここは観たかったですね~!

そこは次回に期待かな。

今の雪組のパワーがわかるバランスがいい一作!

なんだかんだ書いてきましたが、今の雪組がどのような雰囲気なのか、どれくらいのパワーを持っているのかがわかる、バランスがいい一作だなと感じました。

前作「シルクロード」に比べると王道に近い内容となっており、派手さは少ないですが安心して観られる印象になっています。

私みたいに「さくら幻想曲」並の運動量があるのか!?とドキドキしていると少々残念に感じるかもしれませんが、これは見方がニッチすぎるのでまあ置いといて。

新体制となり、少しずつ舞台の前に出るようになってきた組子ちゃんたちも生き生きと自分の役目を果たしていて、観ていて爽やかな気分にもなれました。

決して観て損はないと思いますので、迷っている方は配信ででもぜひ!

 

 

その他雪組に関する記事はこちらから!
雪組公演記事まとめ 雪組雑記記事まとめ 雪組テレビ感想まとめ

コメント