anthocyanin*

宝塚歌劇団の観劇備忘録や初心者さん向けの記事を気ままに。

また違った見方ができるかも?「NOW ON STAGE(花組 A Fairy Tale/シャルム!)」感想その2(ショー)

また違った見方ができるかも?「NOW ON STAGE(花組 A Fairy Tale/シャルム!)」感想その2(ショー)

前回の記事に続きまして、今回も花組「A Fairy Tale-青い薔薇の精- / シャルム!」のNOW ON STAGE感想を。今回はショー「シャルム!」編です。

 

非常に個人的な好みの話になるのですが、私このショー、嫌いでは全くないですしキレイにまとまっていると思いつつも「明日海りおトップ時代のショーランキング」をつける場合、少々順位が下になっちゃう…という位置づけでございます。

まだ2回しか観ていないものの「もうちょっとパンチがほしい!」と思っていまして、ナウオンを観ることでそのあたりの意識も変わらないかな~という気持ちもありました。

 

観た結果「次はここも見てみよう」「ここチェックやな」と思える部分が増えたので、○!でした。 

相変わらず、自分の気になった部分だけをニュアンスで書いてます。

>>花組公演「A Fairy Tale/シャルム!」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから

 

プロローグ~中詰

ネタバレ防止も兼ねて(ナウオンでしっかり流れやってるけど…)気になった部分だけ抜粋しています。

 

プロローグ

プロローグは非常に派手で、曲がめっちゃ好きなのでショーの中でもかなり好きな部分です。もしかしたら一番好きかもしれないレベル。

あの螺旋階段のような半音いいですよね~!ね?

歌っている方々は「難しいので大変」という見解のようですが…。

 

れいちゃん(柚香光さん)がりおちゃん(明日海りおさん)がせり上がってくる部分に触れると「あれ自分でも観てみたいから誰か1回代わりにやってほしい~!」との感想。

 

タンゴ

そして男役群舞その1、タンゴの場面。

スーツとハットの男役たちが踊る場面ですが、華ちゃん(華優希さん)がめっちゃ小声でたまりません…」って言ってるのが可愛かったです。

皆でりおちゃんを迎える振りが途中あるのですが、れいちゃん、あきらくん(瀬戸かずやさん)、マイティー(水美舞斗さん)がみんなその時の振りをやって、れいちゃんが「俺たちのボスがきたぜ~!!ってなる(からテンションあがる)」と言うてるのは面白かったです。振り3人共揃ってるのもまた笑える

 

中詰

華ちゃんの可愛いシーンの次は中詰。軍服のシーンですが、りおちゃんは「フェルゼンを思い出す…」と天を見つめつつ言っていました。

私も初見でフェルゼンを感じましたよ、ええ。

 

中詰以降~フィナーレ

レジスタンス

レジスタンスの場面。れいちゃんがシーンの説明をしてくれたんですが、そのときの「我慢できないッ」(カタカナで入れたくなるほど詰まってた)の言い方が個人的にツボでした。

マイティーはこのシーンのラスト、(ネタバレになるのでめっちゃぼかした表現になっちゃいますが)なんとかしてあげたいと思って頑張っているそうで…その説明してる感じがほんとなんとかしたい!と思ってる子犬感あって可愛かったです。

 

組群舞

レジスタンスの場面から繋がるように組子全員の群舞に行くのですが…

そこに関することを喋っているりおちゃんがえらいドヤ顔だったのが面白くて。

マンホールの下から(ドヤァ)」って何…(意味はわかるんですけどね)。

れいちゃんは「研1さんから研4さんあたりの下級生のみんなが、めちゃくちゃ笑顔でキラキラしている」と言っていて、ぜひぜひ次回チェックしなければ!と思っております。

 

フィナーレ(前半)

りおちゃんが「娘役さんと絡める!めっちゃ嬉しい!」と言っていて、前回の「CASANOVA」でも似たようなこと言っていたような…!?

やっぱり男役は娘役さんに絡むのが好きといいますか、男役冥利に尽きるんだろうなあと。

そして華ちゃんとのデュエットダンス。これめっちゃ可愛いんです!

衣装もアイスブルーみたいなきれいな色で…。ちょっとお芝居仕立ての振付になっていると華ちゃんが語っていたのですが、この二人ならお芝居仕立てがぴったりかも!と思いますね。

振付自体は頑張って大人になりたい女の子とそれを微笑ましく見守るお兄さんみたいな印象を受けました。

 

フィナーレ(後半)

黒燕尾。一人ひとり細かく振りが違うらしく、また、れいちゃんいわくいつもより人同士の距離が近いので、より空気を濃く感じられるそう。

自分が出てくるまでの話で、りおちゃんが「手の開き方ひとつとっても、皆振りのニュアンスが違ってて心を感じられる」と言っていました。

 

群舞の後、数人のメンバーだけデュエット燕尾(なにそれ)を踊るのですが、マイティーは「早く行きたいけど、行くと終わっちゃうし…だから行きたい!行きたくない!ってなる」。マイティーは毎回子犬感あって可愛いですね。ほんとに。

個人的にここで笑ったのが、りおちゃんのあきらくんに対する「慣れ親しんだ握力」。

 

卒業する明日海りおさんに対して

退団公演のため、皆からのコメントもあり…。

ぜひぜひ機会があれば観ていただきたいのでさらりとした感じにしたいと思いますが、マイティーの「居てほしい…というか、居なくなるわけがない!(と思っている)」のが非常に「わかる~!」という感じでした。

もちろんいつかは卒業するものなのですが、まだまだ居なくなるわけがない!というイメージはありますよね。

 

華ちゃんは「自分のことでいっぱいいっぱいなので、ご卒業の実感がなくて…」と可愛い返答。そりゃそうだよね~!!ってなります。

 

れいちゃんは泣いたクソガキになってました(褒めてる)

次からはね…もうクソガキムーブ出来ないから…。

こうやって大人になっていくんやろなって…。

でもマイティーはまだまだクソガキムーブしそうで期待です。花95期はクソガキであれ。

 

>>花組公演「A Fairy Tale/シャルム!」関連記事まとめは【こちらから
>>花組公演観劇記事まとめは【こちらから
>>花組関連のスカステ感想は【こちらから