これが最後か…明日海りおさんVISAメッセージ感想(2019.11)

花組
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

これが最後か…明日海りおさんVISAメッセージ感想(2019.11)

いよいよ、明日から1泊2日で東京に遠征してまいります!

これまでりおちゃん(明日海りおさん)の公演が東京である際は遠征してきましたが、東京宝塚劇場に行ったことはないんです。

今後東京の本公演まで遠征しなければ!!と使命感に燃えるような方に会えるかはわかりませんので、今の所私の中では最初で最後の東京宝塚劇場の遠征かな…と思っています。

さて、そんな折ではありますが、おやすみ開けの11日に恒例のVISAカードのメッセージが更新されました。

www.smbc-card.com

今月が最後の更新となるメッセージ…。しっかりと読んで心に残して(自分用に)スクリーンショットを取っておきたいと思います。

    宝塚大劇場千秋楽について

    まずはご自身の千秋楽についてのお話。

    非常に感想が言いづらい部分なのですが(なにせ贔屓の退団なんて初めてだよ…!!)、周りの環境で「ああ自分も退団なんだな…」としみじみと感じてしまうのは非常に共感するところでした。

    また、「ちゃんと千秋楽が迎えられてよかった」というところに着地する点も、まさに花組のとうさんだなと。

    でも実際東京もありますもんね…。

    りおちゃんたちに限らず、宝塚大劇場は卒業したけど本当に卒業はしていない、っていう時の心持ちってどんなものなんだろうと純粋に興味があります。

    「歌劇」の鼎談でもちょっと触れられていましたが、退団者ゆえの微妙な心のゆらぎがあるそうなので、その振れ幅が違ったりするんでしょうか。

     

    花組への思いについて

    退団インタビューなどで語られているエピソードに近いものがこちらにも掲載されています。

    個人的にとても嬉しいなと思ったのは「組替えをしたから花組のみんなに出会えたし、組を超えてたくさんの人が自分の舞台を見に来てくれた」というところ。

    退団会見でも一番苦しかった・辛かったこととして挙げていた「組替え」。

    GRAPHの退団インタビューで、組替えが自分の身に降りかかることでりおちゃんは「自分の夢はまさきさん(龍真咲さん)のあとを継ぐことだとわかった」と語っていたのも記憶に新しいですが、こうして組替えしていい思い出に包まれて本当によかったなと感じています。

     

    宝塚への思いについて

    こちらでも「一番嬉しかったのは、花組や宝塚歌劇ファンの皆様と一緒に時を刻めたこと」と書かれていて、わたしはまだまだにわかレベルのファンではありますが、その中に(勝手に)入れていただけて嬉しいな!という気持ちです。

    ここのトピックでは本当にりおちゃんの宝塚に対する愛や、様々な方への感謝に溢れているのが伝わってきて、とりあえず元サイトを読んでほしい!!!という気持ちしかありません。

    感想なんてものはない!こちらこそありがとう!、本当に素晴らしい時間でしたとお礼を言いたいです。

    SNSなどで個人の発信をすることができない中、こういったVISAメッセージという存在は非常にファンとしても大きな存在でしたし、嬉しいものでした。

    退団と共に、そういった場がなくなってしまうことはファンとしても非常に寂しいものですね…。

     

    掲載期間は11月24日と退団日までなので、約2週間ほど。

    なくなってしまう前にちゃんとスクリーンショットを撮っておかないと…!!

     

     

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました