【月組】「出島小宇宙戦争」ネタバレありキャスト別感想1(鳳月・海乃・光月)

出島小宇宙戦争(月組)キャスト別感想月組
この記事は約6分で読めます。

今回からはキャスト別感想です。
明日やっと星組さんを観劇するので、またいろいろと感想が滞ってしまいそう…!!

キャスト別なだけあっていろいろとネタバレ部分もありますので、ご注意ください!

これまでの出島小宇宙戦争に関する記事はこちら

スポンサーリンク

鳳月杏さん(カゲヤス役)

立ち姿だけでかっこいいのは反則では?

失礼、取り乱しました。でもそのくらい、「居るだけで主役」なオーラが強くて。
なんと言えばいいのでしょうか、本当に花組でふてぶてしく…いやいや、押し出しの強さを学んだのだなと思わされる居方でした。

もちろん月組時代からいいお役をもらってきた方だと思っていますが、それでもどこか遠慮している部分がありました。悪くないし格好いいんだけど、悪い意味で謙虚だったというか。

それが花組に来て、花組は「俺を見ろよスタイル」なのでこれじゃ埋もれてしまう!と努力された結果がここにあるんだな、と思わされます。ちなつちゃん(鳳月杏さん)の話になるとモンペ感出てきますね。やばい。

演技はもちろん歌唱もド安定で、本当に何も心配することがない…。心配したかったわけではないので、これでいいのですけど。

ダンスについては、私はちなつちゃんのダンスって結構独特だと思っていて、ある意味どこにいてもわかる感じで(笑)。ヘタだと言いたいわけではなく、なんというのか…。

私はダンスの上手下手ってのは全然わからず、群舞ではテンポが合ってない人(動作が一人だけ遅いとか)を見ると「ダンスが苦手なのかなあ」と感じる程度の素人なのですが、ちなちゃんのダンスってどこまでも流線型で、多くの人がビシッと止める部分でもどこか流れている。でもダラっと抜けているわけではないんですよ、伝わりますかね…。

今回もそれは健在でしたが、最後のソロダンスではちょっと影を潜めて…かなりカチッと踊っているように感じました。やはり決めポーズは大事!

カゲヤスというキャラクターを演じた彼女についてもう少し。

カゲヤスは口調は師匠に似てガサツっぽいように見せながらもその心は繊細で、とてもまっすぐなキャラクターとして描かれていました。
谷先生がちなちゃんのために作った作品なので当然なのですが、それがちなちゃん本人と重なるような部分も多く(流石にガサツとは言いませんがw)、等身大で居られるキャラクターだったんじゃないかな、と感じます。

スポンサーリンク

海乃美月さん(タキ・カグヤ役)

今回この作品が素晴らしいものとなったのは、くらげちゃん(海乃美月さん)の力が大きかったと、皆さん感じていることではないかと思います。

その場にいるだけで花が咲くように華やかな空気になり、軽やかなダンスも、聴きやすい声や歌も素晴らしく。

あんなサイケな色の着物が似合う女の子なんて、なかなかいませんよ!!

もともとくらげちゃんは大好きなのですが、今まで見た中でも1番好きかもと言えるレベルでカグヤが大好きです。等身大で活発、だけどきちんと(?)大人で。

引き際がいつも格好いいんですよね。自分の気持ちを素直に伝えつつも、引くところはちゃんと引くバランス感覚のよさ…。これがコミュ強か…。
だからこそ、タダタカやカゲヤスに好かれたんやろうな~ともう納得しまくりです。

フィナーレのダンスも本当に素晴らしくてですね、スカートさばきの美しさがたまりません。
デュエダンでの、ちなちゃんとの並びも美しいこと。

実を言いますと、私はちなちゃんもくらげちゃんも宝塚の「ド正統」とは思っていなかったりします。ちょっと個性派。
だけど二人が並ぶと突然ド正統な雰囲気になってしまう!なぜなの!好き。そんな感じです。

その後の男役群舞に入っても踊り続けるくらげちゃんがまたかっこいいんですよ~、挑発的な目線や表情、たまりません。宝塚娘役の宝物のひとりと言っても過言ではないと思いますので、また機会があればちなちゃんと組んでほしいなあ…。

光月るうさん(タダタカ役)

メンツ的には、タダタカにこっちに入ってほしくて、ありちゃん(暁千星さん)ではなくるみこさん(光月るうさん)を先に(笑)。

本当に、この方も何も言うこともなくお上手なんですよね。
歌もそうですし、お芝居も。特に声の通り方はすごいと思います。

でもなんというのかな、上手いんですけど、誤解を恐れずに言えばわきまえてらっしゃる。

きっともっと押し出しなど、強く出せる方だと思うんですよね。いくらでも。
だけどきちんと主役を立てるような押し引きがとても上手い方だと感じています。それは本公演でも同じですが…。

そして、なんとも憎めない素敵なキャラクターづくりを今回もされてますよね。
タダタカは一生学問・研究に費やしながらもふとした出会いで月の女性と恋に落ち、約束を果たすために地図にラブレターを添えるなんて…あの容貌からは想像出来ないほどロマンチスト!

亡くなってもカゲヤスをずっと見守っていたことでしょう。実際見守ってたし。

ほんと、後ろでいろいろ小芝居しているのがまた大変なんですよ!見ないといけないし!!
表情でいろいろと心持ちを探りたくなるし!大変!

今回の影の主役といってもいい立場の役を、ここまでバランスよく演じられたのはやはりるみこさんだからだと思います。組長、これからも頑張って欲しい…!

そういえばタダタカ先生はこのお話の中で、唯一カゲヤスに勝った男性でもありますね(笑)。

るみこさんの活躍で思い出す最近の作品は、やっぱりこれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました