【雪組】「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」キャスト別感想2(彩凪・真那・縣・綾 他)

雪組
この記事は約5分で読めます。

前回に続いて、キャスト別感想、2!です。
キャラクターについてはすでに語っているので…と昨日と同じ文になっていますが、役についてもやっぱり書きたくなってしまいますね。難しい。

スポンサーリンク

彩凪翔さん(ジミー役)

最大の黒幕!と言ってもいい世渡りのうまさよ…。

そんなジミーを演じる翔ちゃん(彩凪翔さん)は非常にイケメンでございました。
1幕でアポカリプスの4騎士に助力を請いに来た時の服装はなんとも普通で(それでも格好いいのがさすが翔ちゃん!)「今回はあまりパッとしない感じで進む役なのか…?」と思っていましたら。いましたら。

2幕で瀕死のマックスが来た時には既にもうデキる男な感じになっており、さらにナチュラルに「保険証を作ろう」とか言い出すし、身寄りのない人間に成り代わることを即座に考えるし…と、めちゃめちゃ切れ者やんけ!と言いたくなる。

そしてラストではもう恐ろしいものでしたよ!

学年がもっと低いときは底抜けにいい人ばっかりを演じている印象が強かった翔ちゃんですが、こんなにワルを演じられる風格と色気がある男役になって…と嬉しいです嬉しいです。
お歌も「ファントム」を経てぐっとレベルアップされましたよね。

だからこそ!今だからこそ!なにとぞ主演の別箱をお願いできませんかね…

真那春人さん(コックアイ役)&縣千さん(パッツィー役)

アポカリプスーズの二人。

ベテランのまなはる(真那春人さん)と、若さあふれる(ちょっとおバカっぽいキャラづくりの)あがたくん(縣千さん)の配役は見事でございます。

まなはるのスーツ姿がキマってるのはもちろんなんですけど、あがたくんもタッパがあるのもあいまってよく似合うんですよねこれまた。

歌唱シーンもあったし、おいしい役回りだったな~という印象。
死ぬときは一瞬だし、悲しいですけどね…。インフェルノガールズたちはどうしたんだろうあの後…。

あとあがたくんはフィナーレのロケットでもデカいですよね。それがよい。

綾凰華さん(ニック役)

個人的にこのお話の清涼剤だったニック。

あやなちゃん(綾凰華さん)は細身でシュッとしてるので、スーツを着てバシっと決めてほしかった…というファンの方も多いだろうなとは思うのですが、私はニックでよかったな~!!と。

笑った時にお顔がかなりへにゃっとなるのがとても愛嬌があっていい魅力だなと思っていて(その分渋い役はなかなか出来ないでしょうし、一長一短ではあると思いますが)、それがニックというキャラクターにピッタリハマっているように感じられました。

いつでも天真爛漫で、ポジティブシンキングで、空気も読める…素晴らしい人じゃないか…!!

その他気になったキャストさんなど

その他気になった…というか、だいたい下級生可愛いな~コーナーです。

まずはまっち(真地佑果さん)。今回は警部役!いいぞ!!
だんだんとまっちも渋い役が回されるようになってきましたね。学年を感じる…。

りあんちゃん(星加梨杏さん)もかわいかった。最初から途中から最後までかわいかった!!
でも、せっかく背も高いのでどんどん押し出していってほしいなと思います。
タカラヅカニュース新春スペシャルでも結構ほわほわしていたので、あまりそういうタイプではないのかもしれないけど…(笑)。

あみちゃん(彩海せらさん)もかわいかった~。下級生は今回いろんなところに散らばって出演してるので、必死に探しました。下級生ちゃんたちは探すのもまた楽しみのひとつですね。

Angelの笙乃茅桜さんもキレイだったな~。ああいう役って結構下級生(それこそ野々花ひまりちゃんくらいの学年の子)がやりそうなイメージがあるのですが、やっぱりダンスがうまいからなんですかね。
ダンスといったらあゆみさん(沙月愛奈さん)もハバナでキレッキレでしたね!格好いい。いつも見てます。

あと娘役さんなら、愛すみれちゃんがだんだんおもしろ系ムーブになっているのが気になる…!(見ているほうはめっちゃ楽しいので個人的にはいいのですけどね!)雪組のコメディエンヌ枠をかっさらっていくのか…!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました