今日のひとこと(2021.05.15):今日が月組さん初日…幸いにもチケットが取れたので観にいきます!

【OG】エリザベート25周年ガラ・コンサート ’16宙組Verライブ配信感想。全体的に硬質な印象!

OG出演
この記事は約4分で読めます。

本日は無観客ライブ配信・ライブビューイングが行われた「エリザベート 25周年ガラ・コンサート」のフルコスチュームバージョン 16年宙組版のライブ配信を拝見しました!

私は今回りおちゃん(明日海りおさん)トートの’14花組バージョンのみをしつこく(笑)生観劇・ライブ配信で観ているため非常に新鮮で、楽しかったです!

演じる方によってこうも違うんだな~と改めて舞台の面白さを感じましたね。

スポンサーリンク

全体的に硬質で、尖った印象のあるふたり

宙組バージョンを観て思ったのが、非常に「硬質」であること、でした。

まぁ様(朝夏まなとさん)もそうですし、特にみりおん(実咲凜音さん)はとても硬質なのだなと。

主に声質・歌で感じたことではありますが、研ぎ澄まされたメタリックな創りをされているように見えました。

私はお二人がトップコンビの頃の舞台を生で拝見していないのですが、みりおんに対しては硬質なイメージを持っていたものの、まぁ様に対してはあまりそう思っていませんでした。

しかし二人が並んでお芝居をすると、ここまで硬くなるのか!と驚きを覚えます。

まぁ様の美しく切れる刃のようなトートと、硬さピカイチの宝石、ダイヤモンドのようなみりおんシシィの組み合わせ、面白いですね……。

潤滑油のようなみっちゃんの存在がまたよき

硬質な二人の間に挟まる、みっちゃん(北翔海莉さん)。

彼女の柔らかな声と包容力は、明らかにトートとは違う魅力を発していて、対比としても美しいですし、全体の舞台が硬質になりすぎないのを防ぐ潤滑油のような存在だなと感じました。

素晴らしいバランサーといいますか、やっぱり彼女のフランツが一番好きだなぁと改めて思わせてくれるお芝居と歌を今日も見せてくれて、非常に満足です!

スポンサーリンク

演出が違う部分もちらほらあって、それも楽しい

当然ですが、14年花組バージョンとは演出が違う部分もあって、それを見つけるのも楽しかったです。

一番違いを感じるのはやっぱりラスト(エリザベートが昇天するところ)ですかね……。

「歌っているときの振りが違う!」「シシィが腰を落とさない!!」とぎゃあぎゃあ騒ぎながら(家族で)観ていました。

再演とはいっても、演じる方が変わると作品の雰囲気も変わってくる。

それに合わせて細かく振り付けなどの指導が行われているんやなあと思うと、今後エリザが上演される機会があったら、どう変わってくるのかな?と楽しみになりますね。

スポンサーリンク

初日にて千秋楽……ご挨拶にもほっこり

今回の宙組バージョンは緊急事態宣言の影響により、本日のライブ配信・ライブビューイングのみでした。

初日で千秋楽というのは寂しいところもありますが……とても素敵な舞台(コンサートだけど)を見せていただけて、本当に嬉しかったです。

この公演で個別に千秋楽を迎えたのが、

子供ルドルフ役のまさちゃん(矢吹世奈さん)、エリザベート役のみりおん、フランツ役のみっちゃん、そしてトート役のまぁ様。

どなたも宝塚時代に本役をされていた方々。それぞれのご挨拶が聞けてよかったです!

夢がかなってよかったね。

まぁ様のご挨拶にて、だいもん(望海風斗さん)と再び共演できたことが嬉しかった、と話題にされていましたね。

本当にこの二人は下級生時代からセットで使われてきたといっても過言ではありませんし、まぁ様の主演作品では必ずといっていいほど2番手をしてきただいもんですから、その絆の深さはただものではないでしょう。

みりおんも元花娘ですし、宙組バージョンながらも出身花組バージョンといっても差し支えがないくらいのものでしたが(笑)、長く一緒に演じていなくても、呼吸が合う感じはやっぱり昔から培ってきたものが多いのだろうな、と感じさせるものでした。

だいもんの夢がひとつ叶ってよかったな、と思いますし、次はたくさんのお客様の前で共演するという夢が叶いますように、私も祈っております!

スポンサーリンク

いうてあと3日?速い……

他のメンバーはまだスペシャルバージョンへの出演が残っているものの、いうてあと3日(カレンダー的には4日)で終わっちゃうんですね!?は、速い……。

いずれの配信も観ようかなと計画中ですが、フルコスチュームバージョンではないので、皆さん自前の衣装?になるんですよね?

内容的にもそうですが、お衣装もどうなるか楽しみです!

コメント